足底筋膜炎の原因とは|主な6つの原因と改善方法を紹介

この記事では足底筋膜炎になる原因について説明しています。足底筋膜炎は立っている時に体の支えや歩行に欠かせない足裏にある足底筋膜が炎症を起こしている状態を指します。 ウォーキングやランニングなどの運動時だけに起こるものではなく、日常における生活スタイルから足底筋膜炎を引き起こす原因になるものがある可能性があります。 足底筋膜炎が発症する6種類の原因だけでなく、簡単に行える改善方法を合わせて紹介します。この記事からどのタイプの原因に当てはまるかを日頃の生活スタイルを見直しながら、足底筋膜炎の改善に取り組む手立てにしてみてください。

足底筋膜炎の原因

足の裏やかかとに痛みがある場合は、足底筋膜炎になっている可能性があります。ただ足底筋膜炎になる原因をきちんとつかんでおかないと間違った処置をする恐れがあります。足底筋膜炎の原因として考えられる6つのポイントを説明していきます。


ランニングなどのスポーツ


足の裏への圧迫や牽引の負荷を繰り返すことで足底筋膜が損傷してしまう場合があります。

ランニングなどの走る動作やバレーボールなどのジャンプ動作を反復して行うことで足底筋膜に炎症が起き、歩行時にも痛みが出てくるようになります。


スポーツにおける動作は足のつま先で強く踏み切ったり蹴り出したりして、かかとで着地をする一連の動作が多いことから、足の裏にかかる体重以外の衝撃による負荷がかかり過ぎることで起こってしまいます。


特にスポーツの場合は、日常生活の動作に比べてその衝撃が大きいので、損傷を繰り返すとなかなか治りにくいとも言われています。


肥満体型


肥満体型の人にも足底筋膜炎になる可能性があります。膝関節などが痛むのと同様に足裏にも痛みが生じるようになり、体のサイズに見合わない体重を支えられなくなると、足底筋膜に炎症が起こるようなります。


肥満体質の人だけでなく急激な体重増加によることで足底筋膜への負担が大きくなるともされています。

足裏から支える足底筋膜に耐えきれなくなることから、傷が付いたり炎症を起こしたりすることにつながっています。


肥満体型による体への影響は足底筋膜炎だけに限ったことではなく、足首や膝関節など足に与える悪い影響は様々起こり得るので体調管理の上でも注意することが必要です。


長時間の立ち仕事


長時間の立ち仕事による足底筋膜炎については、肥満体型の場合と原因が少し似ています。長時間の立ち仕事の場合は体の全体重を足2本でずっと支え続けることになり、荷重が全て足裏にのしかかってくることになります。


そのため、足底筋膜への圧迫を受け続けて負担が大きくなっていくので、足底筋膜炎になる原因として挙げられています。


運動時と違った直立した状態であっても、荷重による足へのストレスは受け続けている状況になるので、運動時よりも刺激は少なくても足裏全体への痛みを感じやすくなってしまいます。


座るなどの足裏への負担やストレスを分散できる方法をとって、足底筋膜への負担を少なくする方法をとっていくことで解消しやすくなります。


加齢による筋力の低下


性別問わず考えられますが、加齢による筋力の低下も原因の一つです。年齢を重ねるにつれて筋力が低下するのは体の部位に限らないことですが、足の筋力が低下すると、かかと側に重心を置いた状態になりやすいため、足底筋膜に負担がかかるようになります。


その上、年齢を重ねるごとに足底筋膜の柔軟性が失われたり、足裏に限らず足の筋力も低下したりしてくるので、負荷がかかりやすい状態になってしまいます。


柔軟性や筋力の低下は足底筋膜の牽引力が強くなることにつながってしまい、体にかかる負荷や運動に対する反発力への対応が難しく、傷つきやすくなってしまうことから、足底筋膜炎への引き金になってしまいます。


足首の関節が固い


足首関節の固さが足底筋膜炎とどのような関係があるかイメージがつながりにくい人も少なくありません。

足首の関節の役割の一つに、歩行などの運動時に足が地面に着地した時の衝撃を吸収したり、強い衝撃を緩和したっりすることが挙げられます。


足首関節が固いと足の柔軟性が弱く重心がつま先の方へ移動しにくくなってしまうので、かかと側に衝撃が伝わるようになってしまいます。

これが長く続いてしまうと足底筋膜への負担も大きくなってしまい、損傷してしまう原因となってしまうことから、足首の柔軟性も重要になってきます。


靴が合っていない


日常的に履いている靴について、靴底が薄かったりクッション性に欠けたりする靴を履いていると、足裏への衝撃を直接受けている状態と同じになってしまいます。


屋内とは違って日々様々な路面状況の道を歩いており、アスファルトなど硬い路面では足が着地した時の衝撃を常に強く受けている状況です。


靴底の薄さやクッション性の弱さが足裏の保護につながらないため、足底筋膜へ直接負担がかかってしまっている状態と同じになってしまいます。


また、窮屈なサイズの靴を履いて足指が自由に動かせない場合も同じようにかかとへの負担が大きくなることから、足底筋膜炎になってしまう原因になってきます。


筋肉を鍛えれば、足底筋膜炎の改善ができる


足底筋膜炎を改善する方法として、足裏にある筋肉を鍛えることが挙げられます。


その鍛える方法に「タオルギャザー」があります。椅子などに座った状態でいいので、床にタオルを敷いてその上に足を乗せ、足指の力だけでタオルを手繰り寄せる筋トレ方法です。


筋力が弱っていなければタオルを手繰り寄せられますが、筋力が弱っているとタオルを上手く手繰り寄せられないだけでなく、足指でグーパーするのも大変です。


これが足裏の筋力の衰えをつかむバロメーターにもなるので、おすすめできる筋トレ方法になります。



合わせて読みたい!

靴に入れるだけで足の痛みが軽減


写真1

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が原因で足や身体に痛みのある方や予防を目的にしている方におすすめ

トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、
毎日忙しくてトレーニングができない、継続することが苦手。。。という方に
靴に入れるだけで 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が軽減・予防できるインソールを紹介。

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、
特許技術を元に開発したインソールがあります。



あなたの毎日が楽になる。


写真2

社会から身体の痛み・悩みをなくしたい。
そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介

<テンシャルインソールの実績>

  • 発売から半年で『楽天ランキング1位』の『8冠』を記録
  • テレビ・雑誌に取り上げられ、たった1年で約2万人のお客様が利用
  • 約300人以上の著名人・起業家・アスリートも利用
  • 『特許技術』と『高級素材』により日本人の足に最適化
  • 足の専門医の方々からを高評価をいただき、お客様からも「痛みが改善された」と喜びの声が多数

30日間返品保証を実施しているので、気になる方はまずはお試しください。
足に合わなかったら即ご返品を。

靴に入れて、歩くだけであなたの生活が楽になる。

この記事をシェアする

人気コンテンツ

足の裏の記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品