インソールは足底筋膜炎に効果があるのか?|インソールの選び方を紹介

ランニングやマラソンなどの陸上競技をする人やバレーボールやバスケットボールなどジャンプを多用するスポーツ従事者に多い足底筋膜炎。 一度発症してしまうと痛みが長く続くため、とても厄介な症状ですよね。 この記事では足底筋膜炎を発症してしまった方に向けて、インソールの効果について解説しています。 インソールが足底筋膜炎に効果的ななのかどうかとその理由、そしてメンズ・レディース、性別問わず参考にすることができるインソールの選び方のポイントも解説しています!

イメージ
監修者:

安田 智彦

理学療法士/スポーツシューフィッター


都内整形外科クリニックで理学療法士として従事。一般整形疾患からスポーツ選手のリハビリを担当。

理学療法士として働く傍ら全国クラブラグビー選手権優勝多数の名目「神奈川タマリバクラブ」のトレーナー、東京かけっこクラブコーチを努める。

足底筋膜炎とは


足底筋膜炎とは、足裏に大きな負荷がかかりすぎることによって引き起こされる炎症のことで、この炎症が痛みの原因になります。足底筋膜とは、かかとの骨からはじまり足の指へ放射状に繋がっている繊維組織の束のことです。


足を地面に着く時の衝撃吸収と足を離す(蹴り出す)時のバネの役割を担います。足底筋膜があることで、普段の生活で普通に行っている歩いたり走ったりという動作ができるので、とても重要な体の一部だと言えます。


しかしマラソンや走り回るスポーツのように足裏に強い圧力と刺激をかけ続けることにより、足底筋膜を形成するコラーゲンの組織が損傷することがあります。

また、足底筋膜に負荷がかかり続けると、弾性を失い硬くなりすぎることもあります。そして足底筋膜が炎症を起こし痛みを感じます。足底筋膜炎は起床時に強い痛みを感じやすいのも特徴の一つです。

インソールは足底筋膜炎に効果があるのか?


そもそもインソールは足底筋膜炎に効果があるのでしょうか?

そして、効果があるのだとしたらなぜ効果的なのでしょうか?


結論から述べるとインソールは足底筋膜炎で生じる痛みに対してとても効果があります。

なぜなら、インソールで歩行時及び走行時の足にかかってしまう衝撃をインソールが緩和し、負担を軽くしてくれるからです。


足底筋膜炎というのは足の裏に膜のように張っている腱に、過度な負担がかかってしまうことによる起こる炎症です。

ランナーやバレーボールなどジャンプを多用するスポーツ従事者に多い傾向があるのは、陸上やバレーボールというスポーツが足に大きな負担を強いるスポーツだからです。

その足への負担を軽くしてくれるので、インソールの着用は足底筋膜炎に効果的なのです。


足底筋膜炎のインソールの選び方


足底筋膜炎にインソールは効果的なアイテムですが、インソールはさまざまな種類のものが売られていてどれを選べばいいかわかりませんよね。

そこで、足底筋膜炎にかかってしまった方にインソールの選び方を紹介していきます!


アーチサポート

まず、インソールを選ぶ際に重要視すべきポイントは「アーチサポート力」です。

アーチとは足裏の土踏まずのことです。


土踏まずはわずかなくぼみではありますが、歩くときや走るときに足の衝撃を吸収してくれるクッションの役割を果たしています。


しかし、足底筋膜炎にかかってしまった人はこの土踏まずのクッション性が弱まったり、なくなっています。

ですので、インソールで衝撃の吸収や分散を助けてくれる「アーチサポート力」の高い中敷きを使用することによってクッション性をサポートすることは、足底筋膜炎に対してとても有効なのです。


また、土踏まずをしっかりと支えてくれるインソールは、負担を和らげてくれるだけでなく、疲労も軽減してくれます。


適切なサイズ

2つ目の重要なポイントは「適切なサイズ」です。

靴を選ぶ際にもサイズはとても重要な要素の一つとなりますが、インソールの場合サイズはなおさら重要です。


もし、適切ではないサイズのインソールを着用してしまった場合は歩行時及び走行時の衝撃吸収力がなくなるどころか、適切に足底筋膜をサポートできないため、逆に足へ負担を強いることとなってしまいます。


足底筋膜炎の痛みを和らげるためのインソールの着用にもかかわらず、症状を悪化させてしまうような、逆効果の事態は避けたいですよね。


そこで、インソールを選ぶ際は公式サイト等でしっかりとサイズの確認をするか、不安な方は、サイズ調整が自分でできるインソールも売られているので、サイズが調整できる種類を選びましょう。


クッション性とホールド感

3つ目のポイントは「クッション性とホールド感」です。

足底筋膜炎というのは一度症状を発症してしまうと治るまでに相当な時間を要してしまう傾向があります。


そして、スポーツをしている人にしばしば発症してしまう足底筋膜炎ですが、症状がひどい場合は運動時だけでなく、日常生活において普通に歩いている時でも痛みを感じてしまいます。


症状を悪化させないためにはとにもかくにも足に負担をかけないことが重要になるので、「クッション性」がとても重要なのです。


また、足底筋膜炎の痛みは、かかと部分に出ることが多いです。

ですので、特にかかと部分をしっかり支えてくれる「ホールド感」がインソールを選ぶ際には重要な部分となってくるのです。

加えて踵部分が少し高いものを選ぶことで足底筋膜に付着しているふくらはぎの筋を緩めることができるのでオススメです。

足底筋膜炎への効果が期待できるインソール

BMZ アシトレ Air ブースター


おすすめ度:★★★★★


サイズ:21.0~27.5cm

参考価格:2,860円


一般的なシューズは、つまずきを防止するためにつま先が上がった形状になっています。そのため、足の指が浮いた状態となる浮き指になることがあります。


そして、浮き指になることによって姿勢が悪くなり、肩こりや腰痛を引き起こす原因となります。BMZ アシトレAirブースターは、使用することにより正しい姿勢へ導き、足指の働きをサポートします。


さらに、足底筋膜炎外反母趾にも効果が期待できるため、足に課題を抱えている方はぜひチェックしてみてください。


>>詳しく見る



BMZ アシトレ WORK Active


おすすめ度:★★★★


サイズ:21.0~27.5cm

参考価格:2,200円



現代人は、硬いアスファルトの上を歩くため、日常におうて下半身を酷使しています。また、立ち仕事や現場系の仕事の場合はさらに下半身を疲労させてしまいます。


足は身体を支える土台となっており、土台に問題があることで他機能へ悪影響が及ぶこともあります。そこで、BMZ アシトレワーク Activeは足の機能をサポートし、疲労を軽減します。


足のコンディションを良くすることで身体全体の疲労を軽減することができます。


アシトレワーク Activeは足指が靴の中でも動きやすい空間を作り、歩行時の正しい姿勢のサポート、かかとの骨を支える設計で高いサポート力を実現させたインソールです。


こちらのインソールも足底筋膜炎外反母趾に効果が期待できるため、足に課題を抱えている方はぜひチェックしてみてください。


>>詳しく見る


BMZ社の効果実証結果

まとめ

最後に記事の内容をおさらいしておきましょう!


  • 足底筋膜炎の痛みに対して、インソールはとても効果的。歩行時・走行時だけでなく、ジャンプ後の着地時などの衝撃吸収及び緩和により、足への負担を軽減してくれる。



  • インソールを選ぶ際は、土踏まずのクッション性を強化してくれる「アーチサポート力」、足底筋膜をしっかり支えるため「適切なサイズ」、足に極力負担をかけないための「クッション性とホールド感」をポイントにする。



合わせて読みたい!

靴に入れるだけで足の痛みが軽減


写真1

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が原因で足や身体に痛みのある方や予防を目的にしている方におすすめ

トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、
毎日忙しくてトレーニングができない、継続することが苦手。。。という方に
靴に入れるだけで 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が軽減・予防できるインソールを紹介。

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、
特許技術を元に開発したインソールがあります。



あなたの毎日が楽になる。


写真2

社会から身体の痛み・悩みをなくしたい。
そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介

<テンシャルインソールの実績>

  • 発売から半年で『楽天ランキング1位』の『8冠』を記録
  • テレビ・雑誌に取り上げられ、たった1年で約2万人のお客様が利用
  • 約300人以上の著名人・起業家・アスリートも利用
  • 『特許技術』と『高級素材』により日本人の足に最適化
  • 足の専門医の方々からを高評価をいただき、お客様からも「痛みが改善された」と喜びの声が多数

30日間返品保証を実施しているので、気になる方はまずはお試しください。
足に合わなかったら即ご返品を。

靴に入れて、歩くだけであなたの生活が楽になる。

この記事をシェアする

人気コンテンツ

”足の裏” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品