扁平足とは。チェック方法、原因、治し方、改善トレーニングを紹介

ここでは、扁平足について詳しく紹介しています。扁平足は誰もが起こりうる症状ではありますが、症状によってはそのまま生活することも可能です。 扁平足は知名度が高い病気の一種ですが、原因や治療法などを知らない人も多くいるのではないでしょうか。 特に、スポーツを行っている人からすると扁平足は致命的であり、さまざまな障害が出てしまう原因になることもあります。 扁平足の症状で悩まされている人は扁平足を治して快適に生活したり、スポーツを行ってみてはいかがでしょうか。


関連記事


インソールの選び方と人気おすすめ10選|立ち仕事・スポーツ・革靴【徹底比較】

扁平足とは


扁平足とは、足の病気の一つであり、多くの人が発症している可能性があります。扁平足は土踏まずがない(内側縦アーチと言われるアーチがなくなっている)状態であり、足の裏全面が地面についてしまうことを示しています。

扁平足の人全員に悪影響が出てしまうわけではなく、生活に支障がない場合もあります。


しかし、偏平足の症状がひどくなると体重を分散させることができず、歩くだけでも痛みが生じてしまったり、疲れやすくなたりしてしまうこともあります。そのため、長時間歩くことができなかったり、スポーツを快適に行えない状況になりやすくなるのです。


扁平足のチェック方法


扁平足は誰でもなる可能性がある病気であるため、注意しておくことが大切です。また、症状によっては気づかないことも多いため、自身が扁平足になっていることに気づいていない人も少なくありません。

そのため、扁平足のチェック方法を行って確認してみることをおすすめします。


最も簡単な方法が上記でも紹介した土踏まずがちゃんとあるかを確認することです。正しい足の状態では床などの上に立つと足裏の内側に空間ができます。空間が空いていれば正常な状態ですが、全く空間がなく、足裏全面が床に付いているのであれば扁平足の可能性が非常に高くなります。


また、チェックするタイミングも重要です。しばらく歩いた後やスポーツ後にチェックするのがおすすめです。運動した後にチェックすると、隠れ扁平足の人も確認しやすくなります。

踵から地面につくように歩けていないと扁平足になる可能性が高いため、歩き方にも注意しましょう。

扁平足の原因


扁平足になる原因は、運動不足や筋肉量の低下と考えられています。そのため、高齢者の方や運動量の少ない女性の方に起きやすい症状でもあります。


適度な運動をすることで、扁平足を改善することが期待できます。


幼児の扁平足の原因は、筋力や靭帯が緩んでいることが原因であることもあり、歩行するようになれば自然に治ることが多く、あまり心配する必要はありません。

成人の扁平足の場合は、筋肉不足以外にも長時間立ち続けていたり、過度の運動を行うことで起きることもあります。


運動をしっかり行っているにも関わらず、扁平足になってしまった人はしばらく運動を控えることをおすすめします。

プロスポーツ選手にも起きやすい症状であるため、定期的に扁平足になっていないか確認することをおすすめします。


>>扁平足の原因と症状を大人と子供別に解説

扁平足の症状


扁平足は気にしていないと気付けない場合も多く、症状がでて初めて気付くことが多いです。また、扁平足の症状を把握していないと、扁平足になっていることに気付かずにさらに、悪化してしまうことも少なくありません。

そのため、扁平足の症状を把握しておくことをおすすめします。


軽度の扁平足であれば目立った症状があらわれることはありませんが、症状がひどくなると歩く際にも痛みを感じることになります。

また、長時間歩くことで普段より疲労の蓄積が大きく、疲れやすくなってしまうこともあるため、ジョギングやウォーキングができなくなることもあります。


スポーツ選手では、足の負担が普段より大きくなることで疲れやすくなるため、最高のパフォーマンスを維持することができなくなってしまいます。


一般の方では、歩くだけで痛みを感じてしまうと、歩くことが億劫になってしまうこともあります。歩くことを敬遠してしまうと、徐々に筋力不足になるため、負の連鎖に陥ってしまうことも多くあります。

扁平足にならない歩き方


扁平足は改善することが可能であるため、扁平足による症状で悩まされている人は、歩き方を改善することをおすすめします。

扁平足にならない歩き方は踵から地面につけ、足のアーチ部分に負担を掛けずに、踵に重心を傾ける方法です。


意識して歩かないとそのような歩き方ができないため、踵から地面につけることを意識して普段から歩くようにするだけでも扁平足になりにくくなります。簡単に確認する方法でもあるため、自身が踵から地面につくような歩き方ができているかを確認してみましょう。


また、扁平足にならなくする特別な靴も販売されているため、不安な人や意識的に歩くことができない人は購入されてみてはいかがでしょうか。


>>扁平足の原因になる歩き方の特徴と扁平足になりにくい歩き方を紹介

扁平足の改善トレーニング・ストレッチ


改善トレーニングやストレッチをすることで症状を和らげたり、扁平足を改善することが期待できます。

ストレッチは、入浴後がより効果を得やすいと言われています。


入浴後に椅子などに座り、左足の膝の上に右足を置きます。右足の指を全てを掴み、背側に反らせるようにすることで土踏まずをピンと張ることができます。その状態を維持して土踏まずの部分を親指で押します。そうすることで足の底の膜を伸ばすことができ、扁平足の症状を改善することができます。


継続的に行うことが重要であり、症状が改善されてもしばらく続けるようにしましょう。また、スポーツ前などは念入りにすることをおすすめします。しかし、痛みがでる場合は控えめにすることが大切です。

扁平足を改善するためのマッサージ

早速、扁平足を改善するためのマッサージ方法を紹介していきます!

「手もみで行う」マッサージ方法なので、誰でも手軽に、自分一人で簡単に行うことができます!

まず、扁平足の方に、よく見られる歩行時の問題は、「足の指を上手に使えていない人が多い」ことです。

そのため、手もみマッサージでは、足指の柔軟性を維持し、うまく使えるようにすることを重要視していきます。


①足の指の付け根部分を親指で押さえながら、ゆっくりと足の指を下方に曲げていきます

②順番は特に問いませんが、必ず五本の指、全てをマッサージしていきましょう

③逆足も同様にしてマッサージする


このマッサージを最低でも、1日1回行います。

時間に余裕があるときは、1日3回ほど行っていくのも効果が期待できます!


>>扁平足にマッサージは効くの?効果や具体的なマッサージ方法を解説!



合わせて読みたい!




>>詳しくはこちら

この記事をシェアする

人気コンテンツ

”足の裏” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品