2021.01.30

寝る前の読書が持つ3つの効果とは?注意点やおすすめの読書灯を解説

日ごろのストレスを解消する手段が思い浮かばないときや、勉強の内容が頭に入らない場合は、寝る前の読書に取り組んでみると、悩みの解決に繋がることがあります。読書に集中することができれば、心身をリラックスさせた状態で床に就くことが可能です。


こちらの記事では、寝る前に本を読むことで得られるメリットについて詳しく解説します。メリットをより強く実感するために注意すべきポイントや、寝る前の読書で利用したい読書灯についてもチェックしていきましょう。


関連記事


マットレスの選び方と人気おすすめ10選【素材やサイズを徹底解説】


コスパの良いマットレスの人気おすすめ10選!【高反発や体圧分散するものでもコスパ重視】


枕の人気おすすめ10選!【快適な睡眠タイムにぴったりな枕を紹介】

寝る前読書の効果・メリット

普段から本を読むのが好きという人や、これから読書を趣味にしようとしている人は、寝る前に本を読んでみてください。寝る前の読書には、大きく3つの利点があります。


寝る前に本を読む環境を整える前段階として、各メリットを整理していきましょう。


ストレス発散

読書によって別世界の住人になりきることは、ストレス発散に繋がります。なぜなら、読書に集中している間は、日常のしがらみを忘れることが可能になるからです。


そのため、ストレス発散を重視するのであれば、ノンフィクションや実用書よりもフィクションの物語を手に取りましょう。読書に没頭できるような、好みのジャンルの本を読むのもおすすめです。


記憶力アップ

寝る前に読書をすると、本に書かれている内容を普段よりも記憶しやすくなる傾向にあります。入眠する際や夢の中で本の内容を反芻することで、記憶の定着が促されるというわけです。


どうしても覚えたい事柄があるときは、それに関連する書籍を寝る前に読み、頭の中で繰り返しながら床に就きましょう。ただし、覚えたいことばかり考えすぎると、眠りが浅くなる可能性があるので気を付けてください。


快眠効果

ストレスが発散されることによる快眠効果も、寝る前の読書が推奨される理由のひとつです。好きな物語やジャンルの本に目を通し、精神が安定した状態で布団に入ることは、睡眠の質を向上させます。


ただし、本を読むのに集中しすぎてあまりにも長時間読書をした結果、睡眠時間を削ってしまうといった事態に陥ると、睡眠の質が良くても寝不足になりがちなので注意しましょう。


寝る前読書の注意点

寝る前に読書をするメリットが理解できたら、今度は実際に本を読むときに気を付けるべきポイントをチェックしていきましょう。本の読み方を間違ってしまうと、睡眠の質を悪化させる可能性があるため、読書をする前に確認しておくことが大切です。


電子書籍はNG!紙の本を読もう

電子書籍の場合、スマホやタブレット、パソコンなどのブルーライトが目に入ってしまうことから、寝る前の読書には不適とされています。寝る前にブルーライトを避けるべき理由は、意識を覚醒させる効果があるからです。


睡眠前の時間帯にブルーライトを目に入れてしまうと、睡眠モードに入りつつあった肉体が覚醒し、布団に入っても上手く眠ることができなくなります。特に暗い環境でブルーライトを浴びると、眠りにつきにくくなるので気を付けましょう。


ブルーライトカット眼鏡を利用する方法もありますが、スマホなどから放たれるブルーライトのすべてをカットできると限らないので、紙の書籍を利用することをおすすめします。


姿勢に注意

腰をはじめとした肉体の一部に負担がかかる姿勢で読書を続けていると、眠ろうとしたときに違和感を覚え、睡眠の質が低下する恐れがあるので注意してください。寝る前の読書は自分が楽だと思う姿勢で行うのが基本ですが、ときおり体勢を変えることを心掛けましょう。


うつ伏せになりながら読書を続けていると、首が痛くなってくることがあります。そのときは仰向けに体勢を変えて、身体への負担を和らげながら読み進めることが、読書の後に快眠するための秘訣です。


寝る前の読書には専用の照明がおすすめ◎

寝る前の読書は、やり方次第で睡眠の質を下げて今うことがある習慣です。これを回避するには、寝る前の読書に適した読書灯を活用しましょう。読書灯が寝る前の読書に向いている理由や、読書灯の選び方について詳しく解説します。


読書灯のメリット

  • 読書に適した明るさを確保
  • 電気代の節約


読書灯が支持されている理由は、読書に必要な明るさを簡単に確保できるからです。寝る前の読書では、ある程度明るさを確保した状態で本を読まないと、目に大きな負担がかかって睡眠の質が低下しやすい傾向にあります。


読書灯で十分な明るさを確保できれば、眼精疲労を予防しながら読書に臨むことが可能です。また、部屋全体を明るくする照明よりも読書灯の方が消費電力は少ないので、寝る前の読書における電気代を節約したいときも、読書灯は適しています。


こんな読書灯がおすすめ

あまりにも明るすぎる読書灯は、寝る前の肉体を覚醒状態に促してしまう恐れがあることから控えるべきといえます。具体的には、昼白色や昼光色と呼ばれる色よりも暗めの色合いの読書灯がおすすめです。


ただし、読書灯から注がれる灯りが暗すぎてストレスになる場合は、比較的明るい光の読書灯を採用しましょう。スタンド式やクリップ式、首掛け式など、読書灯は備え付ける方法によって分類されます。


ベッドボードやデスクが近くにあるならクリップ式、ベッド以外の場所でも読書をするならスタンド式や首掛け式が利用しやすいので、各商品のメリットやデメリットを比べてみてください。


まとめ

寝る前の読書についてまとめた今回の記事は、以下の3点に要約できます。最後に重要なポイントを振り返っておきましょう。


  • 寝る前の読書は、ストレス発散や記憶力アップ、快眠促進といった効果が期待できます。


  • 電子書籍を避けることや姿勢への配慮など、寝る前の読書には注意すべき点が複数存在することを覚えておきましょう。


  • 寝る前の読書を快適にしたいなら読書灯を準備してください。その際には、照明が明るくなり過ぎないように配慮しつつ、自分が読書をする環境に合わせて読書灯のタイプを選ぶようにしましょう。



>>詳しくはこちら


この記事をシェアする

人気コンテンツ

”睡眠” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品