寝る前の食事は何時間前が最適?デメリットについても解説【2023年1月】
2023年01月16日

寝る前の食事は何時間前が最適?デメリットについても解説【2023年1月】

寝る直前の食事を止めることは、睡眠や肌の質を改善するきっかけになり得ます。また、以前よりも肌や睡眠の質が低下している場合、寝る前の食事に起因している可能性があるので注意してください。

 

こちらの記事で取り上げるのは、寝る前に食事をすることで生じるとされている3つのデメリットです。症状だけでなく、身体に悪い理由を具体的に説明するので、寝る前に食べる癖を改善したい人は、自らを戒める気持ちで読み進めてみてください。

 

関連記事

リカバリーウェアの選び方と人気おすすめ16選!徹底比較で検証

アイマスクの選び方と人気おすすめ20選!徹底比較で検証

マットレスの選び方と人気おすすめ20選【カビ対策や寿命についても紹介】

枕の選び方と人気おすすめ20選【オーダーメイドや洗い方についても解説】

寝る前の食事のデメリット

寝る直前の食事は複数のデメリットを抱えている習慣であり、なるべくなら避けた方が良い行為であることを認識しましょう。具体的なデメリットを覚えておけば、食事をしたくなったときにも誘惑に抗いやすくなります。

 

肥満リスク上昇

ダイエットをしている人は、寝る前に食事をする習慣を最初に改善していきましょう。寝る前の食事は肥満の蓄積を促す行為であることが大きな理由です。「寝る前の食事は太る」という話は、科学的根拠に基づいています。

 

22時を過ぎると、脂肪の蓄積を促進するホルモンが分泌されることから、寝る前に食事をすると太りやすくなります。

 

22時を過ぎていなくても、夜間は昼間よりも燃焼するエネルギーの量が少なく、太りやすい傾向にあるので注意してください。

 

熟睡が妨げられる

食後すぐに寝てしまう人は、時間が経ってから眠る人よりも睡眠の質が低下する確率が高めです。そもそも人間の睡眠の質は、熟睡できるかによって大きく変化します。食後すぐの肉体は、摂取した食物を消化するため胃腸の動きが活発です。

 

活発に胃腸が動いている分、肉体が熟睡しにくくなっていることが、寝る前に食事をすると睡眠の質が下がる理由といえます。身体をしっかり休めたいのであれば、食後すぐに眠るのは避けるべきです。普段から睡眠の質に気を遣っている人は、食事を摂る時間にも配慮してください。

 

肌荒れの原因も?

寝る前に食事をしてしまう人が肌荒れに悩んでいるなら、食事のタイミングを変えることで肌の質が改善する可能性があります。なぜなら、入眠直後に安眠できないことが、近年では肌荒れの原因とされることが多いからです。

 

食後すぐに眠ると、胃腸の働きが活性化して睡眠の質が低下します。肌や筋肉の成長を促す成長ホルモンは、入眠した直後の3時間に分泌量が増えることから、この時間帯における睡眠の質が低い人ほど、ダメージを受けた肌が再生しにくくなるというわけです。

 

寝る前の食事は消化が悪くなる?

消化の良し悪しに焦点を絞った場合、寝る前かどうかはあまり関係していないというのが事実です。実際のところ、寝る直前に食事をしたとしても、摂取した食物は消化されます。

 

ただし、寝ている最中は起きているときよりも胃の活動が遅くなるので、消化できていないように感じることがあるだけです。

 

また、胃の働きが遅いときに重めの料理を食べると、いわゆる胸焼けの症状が生じることがあります。これに関しても、気持ち悪さを感じるだけで消化自体は行われているため安心してください。

 

食事は寝る前3時間前に済ませよう!

寝る前の食事が健康に悪影響を与えることがわかったら、今度は就寝の何時間前までに食事を終わらせるべきなのか見ていきましょう。基本的には、床に就く3時間前までに食事を済ませるようにしてください。

 

なぜなら、摂取した食物を胃腸が分解するのに必要な時間だからです。これより遅いタイミングだと、胃腸の中に食物が残った状態で眠ることになり、睡眠の質が低下する恐れがあります。

 

食後に眠ることが癖になっている人は、眠気に負けることなく、食事から3時間程度経ってから眠るようにしてください。

 

寝る前に食事を摂らなければならない場合は?

脂肪の蓄積を抑制したいのであれば、筋トレをはじめとした運動によって、脂肪を燃焼しやすい状態に肉体を変えておくことをおすすめします。ただし、過度なトレーニングは肉体を興奮させて、睡眠の質が低下してしまうので、強度を抑えることがポイントです。

 

また、汁物や豆腐といった消化しやすい食事をチョイスすることも、寝る前に食事をしなくてはいけないときに取るべき行動のひとつといえます。夕食を2回に分けるといった方法で、寝る直前の食事の量を少なめにすることも、肉体への悪影響を最小限に抑制する手段です。

 

まとめ

寝る前の食事に関する今回の記事の要点は、以下の3つに絞られます。最後に重要なポイントを押さえておきましょう。

 

  • 寝る前の食事は身体に複数の悪影響を及ぼします。具体的な悪影響として挙げられるのは、睡眠の質の低下や脂肪の蓄積、肌荒れなどです。

 

  • 睡眠の3時間前に食事を済ませてしまうことが、寝る直前の食事が及ぼす悪影響に悩まされない対策になります。

 

  • どうしても寝る直前に食べなくてはいけないときは、消化に良い食品を選択する、量を少なめにするといった方法がおすすめです。

この記事をシェアする

人気コンテンツ

”スリープ” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品

Item 1 of 15