2020.12.31

空腹で眠れないのはなぜ?夜食にピッタリなメニューの特徴を解説

空腹で眠れない夜を過ごすよりも、適切な夜食を摂ったほうが睡眠の質を低下させずに済む率は高めです。睡眠の質が低下するとストレスが蓄積し、食欲が爆発してしまうこともあるため、ダイエットをしている人は適切な夜食に関する知識を蓄えておきましょう。


こちらの記事で紹介するのは、寝るときに空腹を感じてしまう理由や、空腹のまま眠ることで心身に生じる変化です。夜食に向いているメニューの特徴や、控えたほうが良いメニューについても解説しているので、空腹で眠れないことが多い人は参考にしてください。

夜中にお腹がすく理由

ここでは以下の夜中にお腹が空く理由について、詳しく解説していきます。

  • 夕飯を食べる時間が早かった
  • 糖質の摂取量が多い
  • 噛む回数が少ない


夜中にお腹が空いてしまう理由の中でも、根本的な問題として覚えておきたいのが夕飯を食べるタイミングです。胃の中の食物が完全に消化されてしまうと、人間は空腹を感じやすくなります。


夜遅くまで起きている予定がある人は、夕飯を早くに食べ過ぎないようにしましょう。人間が空腹を覚えるメカニズムには、血糖値が深く関わっています。血糖値が低くなると、人は空腹を感じやすいのです。


食事のときに糖質を多く摂取すると、時間が経ってから血糖値が大きく低下し、お腹が減ってしまうことを覚えておきましょう。


食事を早く終えてしまうことが多い人は、ゆっくり食べる人に比べて咀嚼回数が少ない傾向にあります。あまり噛まずに呑み込んでしまうと満福中枢が刺激されず、すぐにお腹が空いたと脳が認識してしまうので気を付けましょう。


空腹で寝ても大丈夫?

空腹のまま眠ることは、メリットとデメリットの両面を備えている点に注意しましょう。お腹が満たされた状態よりも空腹のほうが脂肪を燃焼しやすいため、ダイエットをしているならメリットになりえます。


ただし、あまりにもお腹が空き過ぎている場合は、むしろデメリットの側面を強く感じやすいことを記憶しておいてください。


空腹のまま就寝すると、お腹が空いて目覚めてしまうことがあります。空腹であることに気を取られて眠りが浅くなり、睡眠の質が低下してしまう可能性があることがデメリットのひとつです。


睡眠の質が低下すると、食欲を抑えるホルモンの分泌が滞り、過剰に食物を摂取してしまう可能性があります。睡眠不足によって蓄積したストレスが食べ過ぎを誘発する点もまた、空腹のまま寝ることを習慣にするリスクの一例です。


空腹で眠れない時は?

ストレスを感じてしまうほど空腹の状態で眠るよりも、軽く何かを食べて快眠したほうが心身への悪影響を抑制できます。ただし、何を食べても良いというわけではありません。


空腹で眠れないとき、食べても良いものや食べるべきではない食品を確認していきましょう。


食べて良いもの

人間は寝ているとき、平均で300キロカロリー前後のエネルギーを燃焼します。夜中に食べて太ってしまうのが気になるなら、寝ている間に燃焼できる程度のカロリーに抑えた食品を摂取しましょう。


また、寝ているときに消化活動が活発になると、睡眠の質が低下する恐れがあります。これを回避するには、消化に良い食品を選択して夜食にするのが正解です。


人間は体温が下がる過程で眠気を感じることから、夜食に関してもお腹を温めるものを食べるようにすると、寝つきがスムーズになります。消化に良いとされている野菜を具材にしたスープが、夜食にはピッタリです。


温めた野菜とほぐした鶏肉を使ったサラダも、カロリーの低さや調理の手軽さから、夜食に向いているといえます。


食べちゃいけない物

寝る前に食べる食事は、低カロリーなメニューにするのが基本です。日中活動しているときよりも寝ているときのカロリー消費量は低いことから、食べ過ぎると体重や脂肪が増加してしまいます。脂質を多く含む料理や、炭水化物を過剰に摂取するのは控えてください。


また、身体を冷やしてしまう食品は寝つきが悪くなるので、寝る前の食事には適していません。カロリーの面から野菜を摂りたいのであれば、蒸し野菜やスープなどの形で摂取したほうが、快適に眠ることが可能になります。


ただし、食物繊維が多い野菜は消化に時間がかかり、睡眠の質を低下させる傾向にあるので注意してください。


注意点

寝る前の食事は、心地良い睡眠を演出するための手段です。調理の工程が複雑だと、睡眠へと向かっていた脳が覚醒し、眠気が吹き飛んでしまいます。そのため、なるべく簡単に調理できるメニューを選ぶのがポイントです。


また、噛む回数を多くし過ぎることも、脳の覚醒を促して入眠までの時間が伸びてしまう理由になりえます。あまり噛まなくても消化が容易で、調理に手間がかからない夜食を摂ることが理想です。


夜食向きの野菜スープをあらかじめ小分けに冷凍しておき、必要なときに温めて食べるといった方法をおすすめします。


まとめ

空腹で眠れない問題をピックアップした今回の記事は、以下の3点にまとめられます。最後に重要な内容を確認しておきましょう。


  • 夜中に眠れない理由としては、夕飯を摂取する時間や咀嚼回数などが挙げられます。糖質の摂取量が多いせいで、食後の血糖値が急激に下がってしまうことも空腹の要因です。


  • 空腹のまま眠ると睡眠の質が下がるほか、蓄積したストレスが爆発的な食欲を招く恐れがあるので、適切な夜食を食べるようにしましょう。


  • 低カロリーで消化しやすく、身体を温めるメニューが夜食に適しています。

着るだけで睡眠の質を高める


写真1

睡眠時のウェアは睡眠の質を大きく左右する要素の1つです。

着るだけで睡眠の質を高めてくれるウェルネスウェアを紹介。

体温を利用して生地と身体の間で温度のキャッチボールをおこない、温かさを保つ『SELFLAME®』を採用し、睡眠時の体温調節をサポートします。

睡眠の質をウェアの『快適な温かさ』がサポートしてくれます。




845人が支援!!


写真2

クラウドファンディングmakuakeにて

・達成率3000%

845人もの方が支援

・開始初日で目標金額1020%達成

900万円の支援

・応援コメントは150件以上、いいねは250件以上


この記事をシェアする

人気コンテンツ

”睡眠” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品