2020.12.30

首・胸周りの寝汗の原因とは?対策のポイントも解説

ここでは、首に寝汗をかく原因や汗をかく理由についても紹介しています。


汗をかくことは生理現象でもありますが、場合によっては病気の兆候の可能性もあります。


そのため、寝汗が酷いのであれば一つ一つ自身に当てはまる原因を調べていくようにしましょう。


寝汗の原因を知ることで寝汗を抑えることもでき、ストレスなく睡眠をとることも可能になります。


首などに寝汗をかいてしまう原因を知り、対処方法を行い快眠できるようにしましょう。

首・胸周りの寝汗とは?

首や胸周りに寝汗をかいてしまうとストレスになってしまうことも多く、快眠の障害になる場合もあります。


首や胸周りに寝汗をかいてしまう原因はさまざまな考えられますが、専門医が少ないこともあり、正確な診断ができない場合も少なくありません。


一般的に睡眠時に体温を下げる必要があるため、体が自然と行っている場合が多く、睡眠時には全ての人が量の違いはあれど寝汗をかいていることになります。


しかし、過度に寝汗をかいてしまっている場合は違う原因がある可能性があります。


寝汗は入眠時に体温を落とすため

上記でも一部紹介したように睡眠に入りやすくなるためにはある程度体温を下げる必要があります。


体温を下げるためには汗をかく必要があるため、寝汗が出やすくなります。


睡眠前に体温が下がることはプチ冬眠に近い状態になり、入眠しやすくなります。


そのため、お風呂上りなど体温が上がっている状態では入眠しにくくなり、寝付けないこともあります。


体がほてっている場合は通気性に良い布団に替えるなどして体温を少し下げるようにしましょう。


寝汗の原因とは?

寝汗をかいてしまう原因は上記で紹介した睡眠のために体温が下がることが関係している場合もありますが、それ以外の原因が関係している場合もあります。


次に、寝汗を首などにかいてしまう原因について紹介するため、寝汗に悩んでいる人は参考にしてください。


ストレス

ストレスが溜まってしまったり、ストレスを感じると寝汗が酷くなる傾向があります。


ストレスや不安を感じると汗が出やすくなり、緊張状態でも汗がかくことがあります。


そのため、睡眠前にストレスを感じていたり、不安なことを考えてしまうと寝汗をかいてしまいます。


このような場合は日ごろからストレスを発散させるように工夫したり、深く考え込まないようにすることが大切です。


ストレス状態が長く続けばさまざまな病気を誘発してしまうリスクも上がります。


加齢によるホルモンバランスの乱れ

加齢が原因で汗が強く出る傾向があります。


一定の年齢になると更年期障害の症状があらわれ、汗が出やすくなることもあります。


ホルモンバランスが乱れてしまうことで更年期障害になるため、ホルモンバランスを整えるようにすることで寝汗や日中の汗を抑えることができます。


ホルモンが乱れてしまっている場合は食事内容で整えることができる場合もありますが、最近ではホルモンを直接補填する方法などもあるため、更年期障害が原因での寝汗は改善することができます。


睡眠障害

無呼吸症候群になると寝汗が酷くなります。


一見関係ないように思われますが、大きく関わっています。


覚醒している時は気道は緊張しているため、呼吸がしやすいですが、睡眠時などで緊張がほぐれると気道が狭くなり、呼吸がしにくくなります。


一時的に無呼吸状態になると努力呼吸をするようになり、この努力呼吸は普段の5~10倍ほどの運動量になります。


運動しながら睡眠しているようなものであり、汗もかきやすくなります。


無呼吸症候群は最悪命にも関わる症状であるため、改善することをおすすめします。


生理前の寝汗

生理前になると寝汗が酷くなる女性も多いのではないでしょうか。


排卵期になるとプロゲステロン増加し、体温が0.3~0.5°上がると言われています。


一見些細な体温上昇と思われがちですが、それでも寝汗を増加させる効果があります。


生理前に寝汗が酷くなることは生理現象でもあるため、通気性に優れている服を着用するなど対策することで快眠することができ、べたつくことも防げます。


生理が終われば寝汗も出なくなり、体温も平常時に戻ります。


疾患など

寝汗が酷くなる原因に病気などの疾患が関係している場合があります。


結核やガンや感染症などの消耗型疾患になると寝汗が強くなる傾向があります。


疾患が原因で寝汗が酷くなっている場合は病気を治療することで寝汗の具合もよくなります。


しかし、ガンなど症状が進んでおり、治療不可能な場合や困難な場合は根本的な解決も難しくなります。


疾患の場合は首周りだけではなく、脇や股間などさまざまな部分の汗の量が増える傾向があります。


寝汗対策のポイント

ここでは以下の寝汗対策のポイントについて解説していきます。

  • ストレスを溜めないようにする
  • 生活リズムを整えるようにする
  • 吸水性、通気性に優れている寝具を使用する
  • 除湿器を活用する


寝汗対策をすることで寝汗を抑えることができたり、快適に快眠できるようになります。


ストレスは上記でも紹介したように精神が不安になりやすく、寝汗をかきやすくなります。


そのため、趣味やお風呂などでリラックスし、ストレス発散するようにしましょう。


生活習慣が乱れてしまうとストレスが溜まりやすいため、決まった時間に寝るようにすることも大切です。


吸水性や通気性に優れている寝具を使用することで汗を素早く吸収し、蒸発させることができ、不快感を感じにくくすることができます。


除湿器を活用し、室内の湿気を少なくすることで汗が蒸発しやすくなります。


まとめ

首や胸周りに寝汗をかいてしまうと不快感を感じて快眠することができなかったり、あせもなどの疾患ができてしまう原因にもなります。


誰でも睡眠中には寝汗をかいていますが、ストレスや病気などが原因で寝汗の量が増えてしまうこともあります。


寝汗で体臭をきつくさせる場合もあり、寝汗がきつくなった原因を究明するようにしましょう。


寝汗の原因を知り、改善することで寝汗を抑えることができ、快眠することも可能になります。


最後に記事の内容をおさらい!


  • 首周りに寝汗をかく原因


  • 寝汗対策の方法


  • 睡眠前に体温を下げる必要性

着るだけで睡眠の質を高める


写真1

睡眠時のウェアは睡眠の質を大きく左右する要素の1つです。

着るだけで睡眠の質を高めてくれるウェルネスウェアを紹介。

体温を利用して生地と身体の間で温度のキャッチボールをおこない、温かさを保つ『SELFLAME®』を採用し、睡眠時の体温調節をサポートします。

睡眠の質をウェアの『快適な温かさ』がサポートしてくれます。




845人が支援!!


写真2

クラウドファンディングmakuakeにて

・達成率3000%

845人もの方が支援

・開始初日で目標金額1020%達成

900万円の支援

・応援コメントは150件以上、いいねは250件以上


この記事をシェアする

人気コンテンツ

睡眠の記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品