テニス肘の注射治療の効果とは?費用や注意点についても解説

ここでは、テニス肘で行われる治療の中にもある注射治療について詳しく解説しています。


注射治療は直接薬剤を患部に投与することができるため、即効性が高く、症状が激しい際に使用される治療方法となっています。


そのため、テニス肘の症状が軽ければ注射療法ではなく、薬物療法が適用されることが一般的です。


また、さまざまな治療方法を行っても痛みが軽減されない場合にも採用されやすくなっています。


即効性があるため、利用する人も多い治療方法でもあります。

2020.08.26

テニス肘とは


テニス肘は肘の怪我であり、筋を痛めてしまっている怪我です。


テニスプレイヤーの人が発症しやすくなっているため、このような名称で呼ばれています。


ここではテニス肘について詳しく紹介するため、テニスを行っている人は参考にしてください。


概要


テニス肘とは、肘の筋を痛めてしまっていることであり、テニスプレイヤーの半数近くが経験している怪我でもあります。


大半が安静にしたり、アイシングすることで痛みが和らぎ、数日すれば完治することが多いですが、場合によっては病院で治療を受けなければならないこともあります。


肘の関節には筋がくっついている状態になっており、曲げ伸ばしする際に肘が関節を引っ張るような働きをしますが、強い力が加わると引っ張られる力に耐えることができず、傷ついてしまいます。


痛みの原因


テニス肘の痛みの原因は肘の関節とつながっている筋が炎症を起こしていたり、亀裂が入っているからです。


炎症や亀裂が入ってしまう原因は肘を酷使しているからであり、肘を捻るなどの動作を繰り返し行うことが原因になります。


痛みは症状が軽度であれば肘を動かすたびだけで現れますが、症状が進行してしまうと常に痛みが現れたり、我慢できないほどの痛みに襲われることもあります。


そのような場合には注射療法で早期に痛みを和らげることをおすすめします。


注射が必要な場合とは?


テニス肘で注射が必要な場合は上記でも紹介したように激しい痛みや腫れの症状が酷いときです。


痛みが激しいと私生活に影響が出るだけではなく、我慢することもできないほど強くなってしまうこともあります。


そのような時に注射療法を行うことで即座に痛みを軽減することができ、激しい痛みから解放されます。


また、注射療法の効果は一時的なものではなく、その後も症状が和らいでいくことが多いため、我慢できない痛みであるならば注射療法を行ってもらいましょう。


注射治療について


テニス肘の治療方法に注射療法がありますが、どのような治療になるのかわからない人も多くいるのではないでしょうか。


ここでは注射療法について詳しく紹介します。


注射療法に興味がある人やテニス肘になっている人は参考にしてください。


概要


注射療法とは、痛みや腫れのある部分に注射し、中に薬剤を投与する治療方法となっています。


薬を投与する方法はさまざまなありますが、注射療法は直接投与できるメリットがあるため、薬剤や湿布などよりも効果が現れやすい特徴があります。


やり方は予防接種と同じように注射針を刺し、中の薬剤を注入するだけです。


注射が苦手な人では苦痛に感じてしまうこともありますが、痛みなどはほとんどないため、そこまで抵抗心も芽生えません。


効果


注射療法の効果は即効性に優れていることであり、短時間で痛みや腫れの症状を抑えることができます。


そのため、少しでも早く痛みや腫れの症状から解放されたい人におすすめの治療方法となっています。


痛みが激しいときに利用するようにしましょう。


値段


注射療法の費用はそこまで高いわけではないため、比較的気軽に利用することができます。


一回の注射で数千円であることが多く、手術やそのほかの治療を受ける場合と比べると圧倒的に安いです。


また、注射療法の効果は効き目に優れているため、複数回注射を打つこともないため、治療費も安くなりやすいです。


注意点


注射療法は早期に痛みなどの症状を抑える効果が期待できますが、場合によっては副作用が起きてしまうこともあります。


患部に直接薬を投与するため、体への負担も高いです。


その他の治療法


テニス肘に治療方法はいくつもあり、上記までに紹介した治療方法のほかに保存療法や装着療法、手術療法などがあります。


保存療法や装着療法は症状が軽度な場合に適用されることが多く、症状が酷ければ手術療法で治療が行われるようになります。


治療の方法が変わることで完治までの期間にも影響が出るため、スポーツ選手などできるだけ早く完治させたいのであれば適した治療方法の元テニス肘を完治させることが重要になってきます。


まとめ


テニス肘に対してさまざまな治療が行われますが、最も即効性のある治療方法が注射治療です。


患部に直接薬剤を投与することで薬の効き目が早く、当日か翌日には痛みや腫れが引いている場合が多いです。


そのため、激しい痛みがある場合におすすめの治療方法となっています。


治療方法によっては完治するまでの期間やかかる費用が異なるため、自身に適した治療方法を行うことが大切になってきます。


また、テニス肘は治療期間が長引いてしまいやすいため、予防することも大切です。


最後に記事の内容をおさらい!


  • テニス肘の症状について


  • 注射治療について


  • 注射療法以外の治療方法


靴に入れるだけで足の痛みが軽減


写真1

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が原因で足や身体に痛みのある方や予防を目的にしている方におすすめ

トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、
毎日忙しくてトレーニングができない、継続することが苦手。。。という方に
靴に入れるだけで 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が軽減・予防できるインソールを紹介。

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、
特許技術を元に開発したインソールがあります。



あなたの毎日が楽になる。


写真2

社会から身体の痛み・悩みをなくしたい。
そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介

<テンシャルインソールの実績>

  • 発売から半年で『楽天ランキング1位』の『8冠』を記録
  • テレビ・雑誌に取り上げられ、たった1年で約2万人のお客様が利用
  • 約300人以上の著名人・起業家・アスリートも利用
  • 『特許技術』と『高級素材』により日本人の足に最適化
  • 足の専門医の方々からを高評価をいただき、お客様からも「痛みが改善された」と喜びの声が多数

30日間返品保証を実施しているので、気になる方はまずはお試しください。
足に合わなかったら即ご返品を。

靴に入れて、歩くだけであなたの生活が楽になる。

人気コンテンツ

その他の記事

その他の記事

記事をもっと見る