野球肘へのストレッチの効果とは?おすすめのストレッチを紹介

野球肘には、肘の内側が痛くなるものと、肘の外側が痛くなるものが存在します。


ジュニア期の選手が発症するものの多くは肘の内側に痛みが発症するものです。

 

この記事では、野球肘のストレッチで得られる効果や、おすすめのストレッチの方法、ストレッチを行う上での注意点などについてくわしく解説していきます。


また、野球肘におすすめのストレッチ方法は、自宅などでも手軽に行うことができるので、ぜひ参考にして行ってみてください。

2020.08.26

野球肘とは


大人だけではなく、小中学生のジュニア期のピッチャーにも野球肘に悩まされる選手は多く存在します。


野球肘は、肘関節痛や肘の障害の代表的なものであると言っても過言ではありません。


ここでは、野球肘とはどのようなケガであるのかについて解説していきます。


概要・病態


野球肘とは、おもにピッチャーの投球動作によって肘を痛めるスポーツ障害の総称です。


そのほかのスポーツと比較しても、野球(ピッチャー)の投球動作ほど、肩や肘などの身体の同じ部位に大きく負担がかかり続けるスポーツ動作は存在しません。


また、成長期の小中学生の関節付近には、大人の成熟した骨と比較すると明らかに弱い成長軟骨があります。


そのために、ジュニア期の肩や肘には投球動作で掛かる負担はとても大きく、野球をしている小学生の20%が野球肘を発生していると言われています。


痛みの原因


野球肘には、肘の内側に発生するものと、肘の外側に発生するものの2種類があります。


発症頻度としては、肘の内側に痛みが発症するものが圧倒的に多く、特に小、中学生の野球少年に発症します。


小、中学生世代に起こるものの多くが上腕内側上顆障害(じょうわんないそくじょうかしょうがい)で、リトルリーグ肘とも呼ばれ、肘の内側の骨の出っ張り部分(内側上顆)の成長軟骨が障がいされることで痛みが発症します。


初期は投球後数時間もすると痛みはおさまりますが、悪化していくと痛みがおさまりにくくなります。


ストレッチの効果


野球肘に対してストレッチの効果はあるのでしょうか?


結論から言うと、野球肘に有効なストレッチは存在します。


ストレッチを行うことで上腕骨内側上顆(じょうわんこつないそくじょうか)に付着する筋肉を伸ばすことができます。


上腕骨内側上顆には、尺側手根屈筋(しゃくそくしゅこんくっきん)、長掌筋(ちょうしょうきん)、橈側手根屈筋(とうそくしゅこんくっきん)、浅指屈筋(せんしくっきん)、円回内筋(えんかいないきん)など、多くの筋肉が付着しています。


野球肘に有効的なストレッチ


ここでは、野球肘に効果的な野球肘ストレッチのやり方について解説していきます。


野球肘ストレッチは、上腕骨内側上顆炎に有効なストレッチです。


野球肘ストレッチのやり方は下記の通りです。


  1. ストレッチをしたい方の腕を真っすぐに伸ばし前に上げる
  2. その状態のまま手のひらを上に向けます
  3. 指先を下に引っ張り30秒間キープします


次に、そのほかの腕の筋肉のストレッチも行って、腕全体の筋肉を柔らかくしておきましょう。


やり方は下記の通りです。


  1. 手のひらを手前に向け、手首を内側、外側へと30秒ずつ倒します


ストレッチの回数としては、1日3回程度を目安に行いましょう。


ストレッチの注意点


野球肘ストレッチを行うことで上腕骨内側上顆に付着する筋肉を伸ばすことにつながります。


野球肘の予防・緩和を目的として野球肘ストレッチを行う際に、注意しておきたい重要なポイントは下記の通りです。


野球肘ストレッチを行うことで、肘などの患部周辺に痛みが出るような場合は、ストレッチが症状悪化の原因となり、逆効果となってしまう可能性があります。


肘など患部周辺に痛みが出る場合は、すぐに野球肘ストレッチを中断しましょう。


アイシングの併用で効果アップ◎


野球肘の治療法としては、ストレッチを行うと同時にアイシングを並行して行うことがおすすめです。


アイシングを行うことで、治癒効果を向上させ、完治までの期間を早める効果が期待できます。


アイシングは、患部を冷やすことで炎症を抑える効果や、血管を収縮させる作用があり、アイシング後には、逆に血管が拡張するので血流が促進されます。


プロ野球選手のピッチャーが肘をアイシングしながら記者の質問に答えている姿をよくみかけますが、アイシングをするタイミングとしては、プレー直後が最適です。


まとめ


この記事では、野球肘のストレッチで得られる効果や効果的なストレッチのやり方などについて解説してきました。


野球肘のストレッチについては、下記の3つのポイントにまとめることができます。


大切なポイントなので、最後におさらいをしておきましょう。

 

  • 野球肘ストレッチは、野球肘の予防や痛みの緩和といった効果がある。


  • ストレッチを行うことで、肘などの患部周辺に痛みが出るような場合は、すぐに中断しましょう。


  • 野球肘ストレッチとアイシングを併用することで、より効果を高めることができる。


靴に入れるだけで足の痛みが軽減


写真1

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が原因で足や身体に痛みのある方や予防を目的にしている方におすすめ

トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、
毎日忙しくてトレーニングができない、継続することが苦手。。。という方に
靴に入れるだけで 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が軽減・予防できるインソールを紹介。

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、
特許技術を元に開発したインソールがあります。



あなたの毎日が楽になる。


写真2

社会から身体の痛み・悩みをなくしたい。
そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介

<テンシャルインソールの実績>

  • 発売から半年で『楽天ランキング1位』の『8冠』を記録
  • テレビ・雑誌に取り上げられ、たった1年で約2万人のお客様が利用
  • 約300人以上の著名人・起業家・アスリートも利用
  • 『特許技術』と『高級素材』により日本人の足に最適化
  • 足の専門医の方々からを高評価をいただき、お客様からも「痛みが改善された」と喜びの声が多数

30日間返品保証を実施しているので、気になる方はまずはお試しください。
足に合わなかったら即ご返品を。

靴に入れて、歩くだけであなたの生活が楽になる。

人気コンテンツ

その他の記事

その他の記事

記事をもっと見る