トレーニングチューブで逞しい胸板に!胸筋に効く筋トレ3選

胸筋を鍛える手段を増やしてみたい人は、トレーニングチューブを手に取ってみましょう。


トレーニングチューブはリーズナブルな価格とは裏腹に、幅広いトレーニングで使用できるコストパフォーマンスの高さが魅力です。


こちらの記事では、トレーニングチューブで胸筋を鍛えるやり方を詳しく解説します。


トレーニングチューブによる負荷を弱めないポイントや、トレーニングの効果を高めるためのコツについても紹介するので、チューブを使った筋トレに挑戦したい人は参考にしてみてください。

トレーニングチューブで胸筋を鍛えられる?

トレーニングチューブは、チューブに引っ張られる力を利用して特定の筋肉に負荷をかけるトレーニングを実施できるトレーニングギアです。


チューブの引っ張り方や固定方法によって、負荷の大きさが変化します。


チューブは胸筋を含む全身の筋肉に効かせることが可能です。


大胸筋トレーニングといえばベンチプレスやプッシュアップが挙げられますが、トレーニングチューブはこうした種目とは異なる方向や大きさで負荷をかけられる点が特徴です。


チューブを使用した胸筋トレーニング3選


トレーニングチューブを用いた胸筋トレーニングは、チューブに引っ張られる感覚を意識しながら行うことが大切です。


チューブによって常に筋肉が引っ張られている状態を維持することが、トレーニング全体の負荷を向上させます。負荷が弱まらないように意識しながら取り組みましょう。


バンドチェストプレス

チューブチェストプレスは大胸筋と上腕三頭筋をターゲットにした筋トレです。


ここでは、立った姿勢で行う方法を紹介します。


  • 肩幅に足を広げて立ったら、両手でチューブの両端を掴みます。


  • トレーニングチューブを背面に回したら、肩甲骨を寄せましょう。背面にチューブを引っかけた後、最もチューブが伸びる位置まで両手をまっすぐ前に突き出してください。


  • チューブに引っ張られる感覚を維持しながら、両手を手前に引きます。チューブが緩む前に再度前に押し出してください。


  • 両手を押し引きする運動を10~15回×3セット行うのが目安です。


バンドフライ

バンドフライは、いわゆるダンベルフライと同じように大胸筋にターゲットを絞った種目です。


ダンベルプレスと動きは似ていますが、大胸筋により効かせながら行うことを意識してください。


  • チューブの両端を左右それぞれの手で持って立ちます。


  • チューブを背面に回した後、肩甲骨を寄せてください。


  • チューブを背中に引っかけた状態で肘を曲げます。このとき、両手が八の字を描く角度でチューブを持つのがポイントです。


  • 胸を閉じる動きを意識しながら、両手を前に押し出しましょう。


  • 最もチューブが伸びたところで、今度は両手を引き寄せます。このとき、胸を開く形で行うのがコツです。


  • 両手を押し出してから引く動きを10~15回×3セット実施してください。


バンドプッシュアップ

腕立て伏せとして知られているプッシュアップは、トレーニングチューブを利用して大胸筋に負荷をかけ続けることで、トレーニング全体の負荷が向上します。


以下の点に注意しながら実践してみましょう。


  • チューブの両端を左右の手で握ったら、背中にチューブを回してください。


  • 肩甲骨の下のラインにチューブがあたったら、爪先と両手で身体を支える四つん這いになります。


  • 肘を伸ばした基本姿勢から、ゆっくりと床に胸を近づけましょう。胸が地面に着くギリギリの高さまで身体を下ろした後、大胸筋で地面を押し返します。


  • 胸を地面に近づけては戻す運動を10~15回×3セット実施してください。最も胸が地面に近づいたときにも、張力を感じることができる長さにチューブを調節すると、負荷が増大します。


チューブトレーニングの注意点

トレーニングチューブで胸筋を鍛えるときに気を付けたいのが、胸筋にかかる負荷の大きさです。


チューブは長さを調節することで負荷が変化します。


負荷が大きすぎると、トレーニングのフォームが崩れて怪我をしやすくなるので注意しましょう。


反対に、負荷が弱すぎるとトレーニングとしての効果が薄れてしまいます。


10回前後の動作で限界を迎える程度の負荷に調節したうえで、トレーニングチューブを活用してみてください。


また、トレーニング中はチューブが常に緊張した状態を保っておかないと、チューブによる負荷が逃げてしまう点にも気を付けましょう。


まとめ

トレーニングチューブで胸筋を鍛える方法について述べた今回の記事は、以下の3点のまとめることができます。


最後に重要なポイントをおさらいしましょう。


  • トレーニングチューブは、比較的リーズナブルな価格で手に取ることができるトレーニングギアです。胸筋を含めた全身のトレーニングに使えます。


  • 胸筋を鍛えるときは、背中にチューブを回した状態で両手を押し引きする動作をよく行います。


  • トレーニングの効果を高めたいときは、チューブの長さを変化させて負荷を調節しましょう。

この記事をシェアする

人気コンテンツ

”筋トレ” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品