2021.02.17

O脚の原因4選を解説!O脚矯正に役立つ歩き方やエクササイズも紹介

O脚の原因を理解することは、O脚から脱却するための対策を立てる第一歩になり得ます。日々の生活習慣の積み重ねが、脚の形を歪ませていることがO脚の一因です。O脚改善のための生活習慣を身に着けるためにも、まずは原因を特定しましょう。


こちらの記事で取り上げるのは、O脚の原因として知られている4つの事柄です。ただし、複数の原因が互いに関連してO脚を引き起こすこともある点に注意してください。O脚矯正に役立つエクササイズや歩き方も紹介します。

O脚とは

O脚とは何かご存知でしょうか。

O脚とは、左と右の足首をくっつけて立った時に、膝の間が「指2本分(約3cm)」空く場合のことを言います。


O脚にも2種類あります。

1つ目は構造的O脚。構造的O脚は骨格がO脚を引き起こしており、なかなか改善することはできません。


2つ目は機能的O脚と言います。これは、日々の姿勢やスポーツなどが影響し、関節のずれを引き起こし、O脚になることを言います。こちらはストレッチなどの対処をすることで改善することができます。


まずは、ご自身がどちらの場合のO脚なのか判断することが大切でしょう。O脚以外にもX脚というのもあります。O脚の逆です。X脚の場合、膝をくっつきますが、左と右の足首がくっつきません。「X」の形のような足になります。


O脚の原因

O脚にはもともとの骨格の形が原因でO脚になってしまう場合と、姿勢などの日常生活の積み重ねで引き起こされているケースが考えられます。後者については、もともとO脚ではなかった人がO脚になってしまう原因です。


O脚を予防、改善していくために、まずは原因について正しく理解していきましょう。


姿勢が悪い

悪い姿勢が習慣になっている人は、O脚になりやすいことを覚えておきましょう。O脚との関係を踏まえたとき、特に左右のバランスが崩れた姿勢に注意が必要です。横座りや片側に体重をかけて椅子に座るといった姿勢を習慣にしていると、身体のバランスが歪んでしまいます。


バランスが歪んだ状態で日常生活を続けていると身体の一部に負担がかかり、O脚に繋がることがある点に注意しましょう。頬杖を突く、脚を組んで座るといった姿勢もまた、O脚を引き起こす悪い姿勢のひとつです。


内転筋などの筋力の低下

O脚の原因において、運動習慣がない人に見られがちなのが筋力不足です。下半身を構成する筋肉の中でも、内転筋はO脚の発症に深く関係します。内転筋とは太腿の内側に付いている筋肉であり、ここが衰えると脚を正常な状態に保つことが難しくなるのです。


内転筋の筋力が低下し、脚を閉じる力が弱った人は、膝が外を向くことが多くなります。その結果、脚全体がO脚に近づくこともある点に注意してください。換言すれば、内転筋を鍛えることがO脚を改善する近道になり得ます。


骨盤のゆがみ

O脚だけでなく、X脚を引き起こす要因としても、骨盤の歪みは知られています。骨盤の歪みが自覚できない人は、鏡に対して横向きに立ってみましょう。無意識のうちに、腰が押し込んだような姿勢や、お尻を突き出した姿勢になっている人は骨盤が歪んでいる可能性があります。


骨盤が歪んだ状態でいると、歩幅に左右の差が生まれる、歩き方が歪むといった現象が起こり得ます。こうした習慣が膝を外向きに代えて、O脚に発展してしまうのです。O脚対策に乗り出す際には、骨盤の歪みを整えることから始めましょう。


歩き方に問題がある

骨盤の歪みや内転筋の筋力不足などの原因が重なることで、少しずつ歩き方が歪んでしまうとO脚に近づいてしまいます。O脚の人にありがちな歩き方として覚えておきたいのが、爪先を外に向けながら足を踏み出す歩き方です。


何も意識することなく歩いたとき、ガニ股に近い状態になっている人もO脚の確率が高いといえます。自分の歩き方を鏡でチェックする、動画を撮影して見直してみるといった方法で確認すると、歩き方が歪んでいる簡単に判断可能です。


自分の歩き方が歪んでいるかよくわからない場合は、整骨院などの専門家がいる機関を利用しましょう。


O脚矯正に効果的な歩き方

O脚を矯正するためにいますぐ試して欲しいのが歩き方の改善です。O脚は歩き方の歪み、具体的には、膝が外側に開いてしまう形で膝に力が伝わっている歩き方を正すことによって、矯正できる可能性があります。O脚に悩んでいる人は、自分の歩き方を鏡の前でチェックしてみましょう。


正しい歩き方のポイントとして覚えておきたいのが、足裏全体で着地することです。そのためには、普段よりも1~2cmほど高く足を上げます。着地の際には、かかとと足指を意識して地面に接しましょう。足指は、指先と指の付け根の2カ所が地面に触れるイメージです。


また、O脚を矯正しようとするあまり膝を伸ばし過ぎるのは逆効果である点に注意してください。歩いているときに爪先が外側を向かないように意識することもO脚矯正には重要です。



O脚改善の内転筋エクササイズ


O脚を引き起こす原因のひとつである内転筋の衰えを解消するには、内転筋を鍛えるエクササイズに取り組みましょう。今回紹介するエクササイズは、身体の側面を床に着けて寝転んだ姿勢から行います。


まずは、床に着いていない側の膝を身体の前に出し、膝の内側を床に置いて姿勢を安定させてください。次に、床に着いている脚の付け根に力を入れて、脚の外側を床から引き離します。このとき、内転筋を触って力が入っていることを確かめましょう。


脚の外側を浮かせたまま、空中で上げ下げする運動を30回繰り返します。


まとめ

O脚の原因について述べた今回の記事の内容を以下の3点にまとめました。最後に重要なポイントをおさらいしましょう。


  • O脚は膝が立ったときに外側を向いており、脚全体がOの形をしている状態です。複数の原因が絡み合ってO脚を発症することがあります。


  • 骨盤や歩き方の歪み、内転筋をはじめとした筋肉の衰え、姿勢の悪化などがO脚を引き起こす原因です。これらの原因に思い当たるところがある人は、O脚の可能性を疑いましょう。


  • 内転筋を鍛えるエクササイズに取り組むと、O脚を矯正しやすくなります。


靴に入れるだけで足の痛みが軽減


写真1

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が原因で足や身体に痛みのある方や予防を目的にしている方におすすめ

トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、
毎日忙しくてトレーニングができない、継続することが苦手。。。という方に
靴に入れるだけで 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が軽減・予防できるインソールを紹介。

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、
特許技術を元に開発したインソールがあります。



あなたの毎日が楽になる。


写真2

社会から身体の痛み・悩みをなくしたい。
そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介

<テンシャルインソールの実績>

  • 発売から半年で『楽天ランキング1位』の『8冠』を記録
  • テレビ・雑誌に取り上げられ、たった1年で約2万人のお客様が利用
  • 約300人以上の著名人・起業家・アスリートも利用
  • 『特許技術』と『高級素材』により日本人の足に最適化
  • 足の専門医の方々からを高評価をいただき、お客様からも「痛みが改善された」と喜びの声が多数

30日間返品保証を実施しているので、気になる方はまずはお試しください。
足に合わなかったら即ご返品を。

靴に入れて、歩くだけであなたの生活が楽になる。

この記事をシェアする

人気コンテンツ

”足” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品