足首に重りをつける効解説果とは?ダイエットやトレーニングについても解説

この記事では、足首に重りをつけることのメリットやトレーニングの種類ごとで得られる効果を紹介しています。


また、重りをつけることの注意点も紹介してい折るため、これから足首に重りをつけようと考えている人は参考にしてください。


重りをつけてトレーニングする場合はダンベルなどを思い浮かべる場合もありますが、足首につける重りはそこまで重さがない場合が多く、少ない負荷を継続的に与えることができる特徴があります。


足首に重りをつけて下半身の強化を図ってみてはいかがでしょうか。

2020.07.26

足首の重りをつけるを付けるメリット・効果



足首に重りをつけることで得られる効果は、負荷を強めれることであり、普段のトレーニング効果を高めることが期待できます。


そのため、普通のトレーニングでは物足りないと感じている人やより効率よくトレーニングをしたい人におすすめの方法です。


また、体力をつける効果も期待でき、スタミナが乏しい人におすすめのトレーニング方法であり、長期戦になりやすいサッカーやテニスプレイヤーで実践している人も多いです。


体力を増やすことで終盤戦でも集中力を欠くことなくプレイすることが可能になります。


【目的別!】アンクルウェイトの使い方



足首に重りをつけて行うトレーニングをアンクルウェイトと呼ばれており、トレーニングの種類ごとに適した重さなどが変わってきます。


そこでこの記事では目的ごとのアンクルウエイトの使い方を紹介します。


足首に重りを付けたトレーニングが初めての人は参考にしてください。


ランニング


ランニングで重りをつけることで負荷を高めることができ、短い時間でも本格的なランニングを行ったことになります。


そのため、短時間しかランニングの時間を確保できない人や短いコースしか確保できない人におすすめです。


ランニングでは1㎏程度の重さが一般的ですが、初心者の場合は0.5㎏など最も軽い重さから挑戦するようにしましょう。


また、足首だけではなく、手首にも装着することで自然と腕を振ることができ、理想の腕振りを身につけることができます。


ウォーキング


ウォーキングで足首に重りをつける場合のランニング同様に効率の良い運動をすることができ、体力がない人でも行うことができる運動でもあるため、ダイエット目的の人にもおすすめです。


ランニングにランクアップする前に重りをつけて行うことでランニングにも耐えられる筋力を身につけることが可能になります。


ウォーキングはランニングよりも体力を使わないため、少し重めの重りでも苦痛を感じにくく、1~2㎏の重りをつけて挑戦してみましょう。


登山


登山で足首に重りをつけることで太ももやふくらはぎの強化を行うことができます。


登山はウォーキングやランニングとは異なり、高低差のある環境を歩くため、自然と太ももを上げないといけなくなり、太ももを鍛えることが可能になります。


そのため、太ももやふくらはぎを鍛えたいのであれば登山でトレーニングするようにしましょう。


登山でアンクルウェイトを行う場合は0.5㎏の最も軽い重りで挑戦するようにしましょう。


登山は普通でも体の負担がかかるため、あまり重い重りをつけると登りきることが困難になってしまいます。


筋トレ


筋トレをする際に足首に重りをつけることで筋肉により強い負荷をかけることができるため、効率よく筋トレをしたい人におすすめのアイテムです。


足首に重りをつけるのであればウォーキングマシンや下半身の負荷がかかるトレーニングメニューを行うようにしましょう。


筋トレ初心者の方は1~2㎏程度の重りがベストであり、上級者であれば5㎏の重りがおすすめです。


また、上半身を鍛える場合は腕に重りをつけることで同じように負荷を高めることができます。


アンクルウェイトの注意点



アンクルウェイトは体に負担をかけることができるトレーニングアイテムですが、使用方法を間違ってしまうと怪我をしてしまうリスクが高まります。


体への負担が強まることはそれだけ怪我をしやすくなることでもあるため、重りの重さは慎重に選ぶようにしましょう。


特に、体が仕上がっていない初心者の方がいきなり重い重りを選んでしまうと怪我をしてしまうリスクが高まり、挫折してしまう原因にもなります。


また、ジムなどのトレーニングマシンで体を鍛えるのであれば自由にウェイトを調整できるため、わざわざ足首に重りをつけるメリットは薄くなります。


アンクルウェイトの選び方



足首に重りをつけるアンクルウェイトを行うのであれば適したアンクルウェイトを選ぶ必要があります。


そこでここではアンクルウェイトの正しい選び方を紹介します。


そのため、足首に重りをつけてトレーニングをしたい人は参考にしてください。


フィット感


アンクルウェイトは足首や腕などに装着するため、フィット感は必要不可欠な機能です。


フィット感に優れていれば運動の動作にもウェイトがずれてしまったり、揺れることがないため、運動の支障になることはありません。


しかし、フィット感に優れていなければずれてしまったり、左右上下に揺れてしまうため、ウェイトが効かなかい場合もあります。


また、肌に擦れるため、肌トラブルの原因になる危険性もあり、ベルトなどでしっかり固定できるタイプを選びましょう。


通気性


上記でも紹介したようにアンクルウェイトにはフィット感が重要なアイテムですが、フィット感に優れていればそれだけ肌と密着することになります。


そのため、運動をすることでアンクルウェイトを装着している部分が蒸れてしまいやすく、不快感を感じる原因にもなります。


通気性に優れているアンクルウェイトがおすすめであり、密着していても蒸れてしまうことがなく、快適に運動や筋トレを行うことができます。


フィット性と通気性はセットで購入するようにしましょう。


伸縮性


アンクルウェイトの中には伸縮性に優れている素材で作られているタイプがあります。


伸縮性に優れていればさまざまな部分に取り付けることができるメリットや適度なフィット感に調整しやすいメリットもあります。


そのため、一つのアンクルウェイトで足首だけではなく、腕や太ももなどにも装着することができます。


一つでさまざまな部分に重りをつけたいと考えている人におすすめであり、幅広いトレーニングメニューにも対応することが可能になります。


まとめ


足首に重りをつけることで体への負担を高めることができ、筋トレ目的やダイエット目的の人におすすめのアイテムです。


重さは0.5㎏~5㎏まで販売されていることが多く、自身に合った重りを選ぶことで挫折してしまうリスクや怪我のリスクを下げることができます。


また、目的や装着する部分によって適した重さも変わるため、複数の重さの重りを購入することをおすすめします。


現在の運動量や筋トレに満足いかず、より本格的な筋トレをしたい人はアンクルウェイトを購入して一つ上のトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。


最後に記事の内容をおさらい!


  • 足首に重りをつけるメリット


  • 目的別の適した重さと効果の説明


  • アンクルウェイトの選ぶポイント



靴に入れるだけで足の痛みが軽減


写真1

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が原因で足や身体に痛みのある方や予防を目的にしている方におすすめ

トレーニングやマッサージをおこなうことでも改善を図れますが、
毎日忙しくてトレーニングができない、継続することが苦手。。。という方に
靴に入れるだけで 「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」が軽減・予防できるインソールを紹介。

「扁平足」・「足底筋膜炎」・「外反母趾」を改善して、毎日を元気で明るく過ごしてもらうために、
特許技術を元に開発したインソールがあります。



あなたの毎日が楽になる。


写真2

社会から身体の痛み・悩みをなくしたい。
そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介

<テンシャルインソールの実績>

  • 発売から半年で『楽天ランキング1位』の『8冠』を記録
  • テレビ・雑誌に取り上げられ、たった1年で約2万人のお客様が利用
  • 約300人以上の著名人・起業家・アスリートも利用
  • 『特許技術』と『高級素材』により日本人の足に最適化
  • 足の専門医の方々からを高評価をいただき、お客様からも「痛みが改善された」と喜びの声が多数

30日間返品保証を実施しているので、気になる方はまずはお試しください。
足に合わなかったら即ご返品を。

靴に入れて、歩くだけであなたの生活が楽になる。

人気コンテンツ

足の記事

その他の記事

記事をもっと見る