寝姿勢見直しから行う猫背改善に必要な枕選び3つのポイントを紹介

この記事では、猫背で悩まれている人にとって、枕や寝姿勢をサポートする方法を取り上げて説明をしていきます。


日々猫背で悩まれている人にとっては、寝姿勢についても猫背を誘発しやすいため、首や腰などの体の部位に痛みやこりを強く感じるようになっていきます。そこで、枕などの寝具の見直しや、体の痛みやこりを緩和するための方法を紹介していきます。


素材や機能性も大切ですが、まずは自分の体調や姿勢に合わせた寝具選びが重要になってくるので、その一つの手立てとして一読の上で役立ててみてください。

猫背改善の枕選び

猫背にまつわる原因は日中活動いている時の姿勢だけに限らず、寝姿勢にも影響があるとされています。


理想的な寝姿勢に近づけるためにも、頭部の位置や首筋への負担といった、枕を使ったサポートに左右されてきます。


3つのポイントを元に、猫背改善に必要な枕に必要なものを見直してみましょう。


頭・首のサポート力

寝姿勢に限らず理想的な姿勢は、頭・首・背中が一直線になっているだけでなく、頭から首にかけての滑らかなアーチを形成していることが特徴です。アーチが崩れないように支えるためにも、頭と首の両方を支える枕を選ぶことが重要です。


猫背の場合は首筋のアーチが崩れてストレートネックの人も多いとされ、首筋に加えて肩にも痛みを感じます。アーチを崩さないように、本来の姿勢を取り戻すための矯正アイテムとしても枕が持つサポート力は不可欠です。


適切な高さ

枕には首のS字になっているアーチを支えることで、寝ている間も姿勢を維持する役目がありますが、枕の高さを適切に合わせることが寝姿勢を改善しやすくなります。枕が高すぎると首筋や背筋に負担がかかりすぎるのを防ぐために背筋が丸まってしまい、逆に低すぎると首のアーチが崩れて寝違えや首を痛める原因にもなります。


仰向けや横向きで寝たとしても、首筋から背筋にかけて一本の軸がずれないように寝姿勢を保てることが、猫背改善には必要になります。枕使用時に、頭が腰の位置より4cmほど高いぐらいが理想とされています。


頭が沈みすぎない程度の硬さ

反発力の高さによって寝姿勢にも影響する部分が大きくなります。首筋はS字にカーブしており、仰向けになった時には布団と首筋との間に空間ができます。首への負担をサポートすることが猫背対策や頭が沈みこまない枕を選ぶことになります。


枕が柔らかすぎると頭が支えられず姿勢が崩れ、硬すぎると頭部にかかる圧力が分散されずに首筋から背筋にかけての負担が大きくなってしまいます。適切な硬さの枕は個人差が出てくるので、自分の寝姿勢や頭をしっかり支えてくれる枕として長く使えるものを選ばないといけません。


腰や肩に負担をかけない正しい寝姿勢

猫背を改善していくためには、頭部や首を支える腰や肩に負担がかからないことも大切です。


寝姿勢についても同様で、前記の枕によるサポートには肩や背筋にも影響を与えます。


腰や肩に負担がかからなようにする寝姿勢について、2つのポイントを解説していきましょう。


タオルを腰の下に入れる

猫背になると理想の姿勢が崩れている状態なので、腰や肩に大きな負担がかかっている姿勢になります。寝姿勢においても、腰や肩には体重がかかりやすいポイントなので、少しでも負担を和らげるために、タオルを腰の下に入れてクッション代わりになるものを作ります。


バスタオルでも構いませんが、四つ折りにして厚みを作り、腰の下に敷き込むことで腰の湾曲したカーブを保てるサポートになります。基本的には、仰向け姿勢に適した方法になるので、腰と布団やマットとの隙間を埋めるようにすることで、下から腰を支えてくれる安心感が生まれます。


仰向けてでひざを曲げる

寝姿勢で、特に仰向けで寝ている人にとっては、腰周辺の筋肉が突っ張ることで痛みが走ることがあります。その場合は、仰向け寝の状態でも膝を曲げて寝るようにすることで、腰の筋肉の緊張が緩和されて痛みが和らいでいきます。ただ、寝ている間に膝を曲げた姿勢をキープしづらい時は、膝の下にクッションを敷きこむことでも同じ効果を得られます。


体に無理な力を入れた状態にならないため、クッションに力を預けることで寝姿勢を保ちやすくなります。猫背は背筋と腰にも負担が大きいため、突っ張ることによる強張りをなくすことがポイントです。


まとめ

猫背は日常生活における姿勢の歪みや悪さから引き起こされるものであり、日中の活動時間だけによらず、寝姿勢についても同じように言えます。特に、寝姿勢は頻繁に寝返りをうつものでなければ、同じ姿勢で長時間睡眠をとることになり、姿勢の悪さを改善することは難しいです。


姿勢改善のために、枕をはじめとする寝具を見直しや、寝姿勢を保つ工夫をすることで、一つずつ不快感を解消できるようにすることが大切です。一朝一夕にはいきませんが、改善の手を一つずつ積み重ねながら、体のケアに努めていきましょう。


最後に記事の内容をおさらい!

  • 自分の首の状態に合わせた枕の形状や素材を選ぶ


  • 腰や肩は寝姿勢での体圧分散を必要とする重要箇所


  • 寝姿勢に加えて寝具の見直しも猫背改善に必要な対策

靴に入れるだけであなたの腰痛が軽減


写真1

あなたの腰痛の原因はどこからきているだろう?
長時間の立ち仕事、重い物の持ち運び、悪い姿勢などたくさんの原因はある。

ただ、考えてみてください。
あなたの全体重を支え、すべての動きを助けているのはどこだろう。


そう、『足』である。
足がうまく機能しないと、身体のバランスを保つことができない。
バランスが取れないと疲労が腰に蓄積され、腰痛の原因となると言われている。



腰痛を軽減させる『インソール』の紹介


写真2

社会から身体の痛み・悩みをなくしたい。
そんな想いで開発したテンシャルのインソールを紹介

<テンシャルインソールの実績>

  • 発売から半年で『楽天ランキング1位』の『8冠』を記録
  • テレビ・雑誌に取り上げられ、たった1年で約2万人のお客様が利用
  • 約300人以上の著名人・起業家・アスリートも利用
  • 『特許技術』と『高級素材』により日本人の足に最適化
  • 足の専門医の方々からを高評価をいただき、お客様からも「痛みが改善された」と喜びの声が多数

30日間返品保証を実施しているので、気になる方はまずはお試しください。
足に合わなかったら即ご返品を。

靴に入れて、歩くだけであなたの生活が楽になる。

この記事をシェアする

人気コンテンツ

背中の記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品