妊婦の方はプロテインを飲んでも良い?メリットや注意点も合わせて紹介

ダイエット中の方やアスリート、筋トレに取り組んでいる方が、日常的に飲んでいるプロテイン。


筋肉をつけたい方や痩せたい方のためのサプリメントである印象が強くありますが、プロテインの摂取は、妊婦の方にもさまざまなメリットがあることをご存知でしょうか?


この記事では、妊婦の方のプロテイン摂取について解説しました。

まず、妊娠中にプロテインを飲んでも大丈夫なのかどうかについて解説します。

その後に、妊娠中は多くのタンパク質の摂取が必要になること、プロテインを飲むメリットや注意点について紹介しました。



妊婦はプロテインを飲んでも良いの?


妊娠中というのは、とにかく制限が多いデリケートな時期です。

食べ物でいえば、生物やアルコール、辛いものやカフェインを含む飲み物など、控えた方がよかったり、摂取量を制限されるものもたくさんあります。


そんな妊娠中に、プロテインは摂取しても大丈夫なのでしょうか?

結論から述べると、妊婦がプロテインを飲んでも問題ありません。


プロテインというのは、単なるタンパク質です。

タンパク質というのは、肉や魚、大豆や卵など、日常的に食べている物にも多く含まれています。


三大栄養素の一つであり、妊娠中も重要な栄養素であるタンパク質を多く含むプロテインは、むしろ摂取をおすすめしたいサプリメントなのです。 


妊婦はタンパク質を摂取する必要がある



プロテインは、妊婦の方には進んで摂取することをおすすめしたいサプリメントです。


なぜなら、妊婦の方は、そうでない方よりもたくさんのタンパク質を摂取する必要があるからです。


厚生労働省『妊産婦のための食事バランスガイド』によると、成人女性の必要なタンパク質量は1日50gですが、妊婦の場合、妊娠中期には+10g、後期では+25gが必要とされています。


妊娠中は、通常時よりも多くのタンパク質を摂取する必要があるので、手軽に多くのタンパク質を摂れるプロテインの摂取がおすすめなのです。


妊婦がプロテインを飲むべき理由


妊娠中は、さまざまな食べ物や飲み物の摂取が制限されたり控えることを推奨される中で、なぜタンパク質は多く摂取する必要があり、プロテインを飲むべきなのでしょうか。


この章では、妊婦がプロテインを飲むべき理由について詳しく解説していきます。


タンパク質を摂取できる

赤ちゃんの成長に効果的


タンパク質を摂取できる


手軽にタンパク質を摂取できることは、プロテインを飲む大きなメリットです。


妊婦の方は、1日に60-75gものタンパク質の摂取が推奨されています。

約70gものタンパク質を食事だけから摂るのは、困難を極めます。


タンパク質が豊富と言われる鶏むね肉に含まれるタンパク質量は、100gあたり約21gです。


つまり、必要なタンパク質を鶏むね肉から摂ると仮定した場合、1日に300g以上の鶏むね肉を食べる必要があります。

さらに、食事から摂ると、糖質や脂質など余分な栄養素も同時に摂取してしまうことになります。


しかし、プロテインであれば、手軽に無理なく、余計な栄養素を摂ることなく、タンパク質を摂取できます。


赤ちゃんの成長に効果的


タンパク質を摂ることが、赤ちゃんの成長にとって重要であることも、プロテインを飲むべき大きな理由の一つです。


タンパク質というのは、筋肉や血液など、人間の体の土台を形作るために重要な栄養素です。

妊娠中期を過ぎると、必要なタンパク質量が増えるのは、お腹の中の赤ちゃんの成長が、妊娠中期から早くなるからです。

必要とする栄養が増えるので、タンパク質を多く摂取する必要があるのです。


もちろん、食事からタンパク質を摂ることも重要ですが、妊娠中は食欲が減退することもあります。

そのときに、手軽に飲めるプロテインは、非常に役立つのです。




妊婦がプロテインを飲む際の注意点


妊娠中は、タンパク質の必要摂取量が増えるので、手軽に多くのタンパク質を摂れるプロテインは非常に有用です。

しかし、妊娠中は、さまざまな面でデリケートな時期であるため、注意も必要です。


この章では、妊婦がプロテインを飲む際の注意点を紹介します。


かかりつけ医に相談する

規定の摂取量を守る


かかりつけ医に相談する


プロテインを摂取する前に、まずは必ず、かかりつけの医師に相談しましょう。


プロテインというのは、基本的にダイエットやトレーニングに取り組む方が、栄養補助として活用しているサプリメントです。


妊娠中は、普段とは運動習慣が異なるだけでなく、ホルモンバランスや代謝、身体や内臓の機能も大きく変化します。


妊娠の経過によっては、プロテインの摂取を控えた方がいいケースもあります。


自分だけで判断することはせず、まず医師に相談した上で、摂取するかどうかを決めるようにしましょう。


規定の摂取量を守る


そして、規定の摂取量を守ることも重要です。


一言にプロテインといっても、製品に含まれているタンパク質の量はさまざまです。

そして、ビタミンやミネラル、糖質などタンパク質以外の栄養素に関しても、製品によって大きく違います。


お腹の中の赤ちゃんのために、タンパク質をたくさん摂りたいからと、闇雲に飲むと過剰摂取になってしまう恐れもあります。


ですので、かかりつけの医師に相談し、プロテインを摂取してもいいかどうか、そして摂ってもいいのであれば、どれぐらいの量を摂取すべきなのかを確認してから飲むようにしましょう。



まとめ


最後に記事のおさらいをしましょう。


プロテインというのは、肉や魚、卵などにも含まれているタンパク質を補給するためのサプリメントである。妊娠中は、必要なタンパク質の量が増えるので、手軽にタンパク質を摂れるプロテインは非常に有用である。


特に、妊娠中期からは、お腹の赤ちゃんの成長が早まる影響で、必要なタンパク質量が増える。食事から摂取することも大事だが、食欲がないこともあるので、プロテインを活用すると良い。


妊娠中は、心身ともに非常にデリケートな時期。経過によっては、プロテイン摂取を控えた方がいい場合もあるので、プロテインを摂取する前にかかりつけの医師に相談することがおすすめ。

この記事をシェアする

人気コンテンツ

”筋トレ” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品