プロテインは美肌効果がある?美肌効果とプロテインの関係性を解説

筋力トレーニングやダイエットに励んでいる人を中心に、日常的に飲む人が増えてきたプロテイン。


そんなプロテインですが、種類によっては、非常に高い美肌効果が期待できることをご存知でしょうか?


この記事では、プロテインと美肌効果について解説しました。

まず、プロテインに美肌効果は見込めるのかについて解説します。

その後に、過剰摂取による影響やタンパク質の種類、美肌効果が期待できるタンパク質について紹介しました。



プロテインは美肌効果がある?



プロテインを飲むと、筋肉の材料となるタンパク質が多く摂取できることで、筋肉の合成を促進する効果を得られますが、美肌効果も見込むことができます。


皮膚を構成する成分のうち、約60%は水分ですが、次に多いのはタンパク質です。


そのため、タンパク質が不足すると、肌がガサガサしたり肌荒れしやすくなったりしてしまいます。


プロテインの摂取によって、十分な量のタンパク質を摂取していれば、タンパク質不足による肌のトラブルを軽減できるのです。


過剰なプロテインの摂取は逆効果に



ただし、プロテインの過剰摂取は、肌のトラブルを増やしてしまう恐れもあるので注意が必要です。


牛乳原料のプロテインであるホエイプロテインを摂取すると、「IGF-1」と呼ばれるホルモンや、「アンドロゲン」という男性ホルモンの生成が促進されます。


IGF-1とアンドロゲンの分泌量が増えると、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。


すると、ニキビや肌荒れを引き起こす原因となってしまう可能性があるのです。


どちらが美肌に効果的?タンパク質をそれぞれ解説



一言にタンパク質といっても、タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の2つの種類があります。


そこでこの章では、2種類それぞれのタンパク質の特徴や美肌効果について、詳しく解説していきます。


動物性タンパク質

植物性タンパク質


動物性タンパク質


まず、動物性タンパク質について紹介していきましょう。


動物性タンパク質とは、肉や魚など動物から摂取できるタンパク質のことを指しています。


牛乳由来のホエイプロテインやカゼインプロテインは、動物性タンパク質に分類されます。


動物性タンパク質の特徴は、必須アミノ酸が豊富に含まれている点です。

タンパク質はアミノ酸の集合体ですが、9種の必須アミノ酸と11種の非必須アミノ酸から構成されています。


必須アミノ酸は、体内で合成することができないので、食事などで外部から摂取する必要があります。

動物性タンパク質には、その必須アミノ酸が多く含まれているのです。


植物性タンパク質


植物性タンパク質は、植物由来のタンパク質のことです。

プロテインで言えば、大豆由来のソイプロテイン、エンドウ豆由来のピープロテインなどがあります。


ソイプロテインは、前述した通り、イソフラボンが含まれています。


イソフラボンには、抗酸化作用があるだけでなく、美肌ホルモンとも言われるエストロゲンをサポートしてくれる働きもあるので、美肌効果の高いプロテインと言えます。


植物性タンパク質は、動物性タンパク質と違って、必須アミノ酸が全て賄えないというデメリットがありますが、吸収スピードが遅く、腹持ちがいいというメリットがあります。


美肌効果に期待するならソイプロテインがおすすめ



過剰摂取は、肌のトラブルを引き起こす恐れがあるので、避けなければいけませんが、ホルモンの分泌を通して皮脂を増やし、肌のトラブルを招くとされているのは、ホエイプロテインです。


美肌効果を期待して、プロテインを摂取するのであれば、大豆を原料にして作られたソイプロテインがおすすめです。


ソイプロテインには、大豆由来の大豆イソフラボンが含まれています。


イソフラボンには、肌の調子を整えるエストロゲンというホルモンの働きを補ってくれる効果があるので、美肌効果が見込めるのです。


まとめ


最後に記事のおさらいをしましょう。


タンパク質は皮膚を構成する主成分の一つであるため、不足すると、肌がガサガサしたり荒れたりする。そのため、プロテインを摂取し、タンパク質を補給することは、美肌につながる。


ホエイプロテインの過剰摂取は、皮脂の分泌量の増加を通して、ニキビを増やす恐れがある。


タンパク質には、動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類がある。大豆を原料としているソイプロテインには、大豆イソフラボンという肌の調子を整えてくれる効果を持つ成分が含まれている。



この記事をシェアする

人気コンテンツ

”筋トレ” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品