プロテインによる体臭はサプリで改善?原因・臭いの種類について解説

本格的に筋トレに励むトレーニーにとっては、まさに不可欠なサプリメントであるプロテイン。

そんなプロテインですが、飲みすぎると体臭の原因になる恐れがあることをご存知でしょうか?


この記事では、プロテインと体臭について解説しました。

まず、なぜプロテインを飲むと、体臭がきつくなってしまうのかについて解説します。

その後に、口臭やアンモニア臭など症状別の原因や対処方法、体臭対策としておすすめのサプリメントの紹介を行いました。

プロテインを飲むと体臭がきつくなる?原因とは?

プロテインを飲むと、体臭がきつくなると言われていますが、事実なのでしょうか?

もちろん、人によって異なりますが、プロテインの摂取によって、体臭がきつくなる可能性はあります。


プロテインはタンパク質ですが、タンパク質を過剰摂取すると、体の中でアンモニアが大量に発生し、そのアンモニアが体臭の原因となります。

また、タンパク質を一度に大量に摂ると、腸内環境が悪化します。

そして、その腸内環境の悪化が体臭の原因となることもあります。


プロテインを摂取することで起こる臭いの種類3選

一言に体臭がきつくなると言っても、どこに影響が及ぶかは人によって異なります。

可能性として挙げられるのは、口臭やアンモニア臭、そしておならの臭いがきつくなることです。


それぞれについて、詳しく見ていきましょう。


  • 口臭
  • アンモニア臭
  • おなら


口臭

まず、プロテインを飲むことで、口臭がきつくなってしまう可能性があります。

口臭に関しては、日常的に多くのタンパク質を摂取するような、本格的にトレーニングに励んでいる人ではなく、ダイエット目的でトレーニングに取り組んでいる人が、多く悩まされています。


なぜなら、口臭がきつくなる原因は、行き過ぎた糖質制限を原因に起きることが多いからです。

プロテインダイエットという言葉があるように、プロテインはダイエット食としても非常に有用です。


プロテインには、タンパク質の他にも、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。

さらに、余計な脂質や糖質を摂らなくて済むので、食事の置き換えとして摂取することで、1日の摂取カロリー量を少なくできます。


しかし、糖質は身体にとって大切なエネルギー源であるため、糖質を制限しすぎると、脂肪からエネルギーを生成する回路が活性化し、「ケトン体」が発生します。

このケトン体は、独特の臭いを持っており、口臭の原因となるのです。


アンモニア臭

アンモニア臭も、プロテインの摂取を原因として悪化する恐れがあります。


人体にとって、有毒であり、独特な臭いを持っているアンモニアは、アミノ酸を分解する際に発生します。

通常は腎臓や肝臓で分解され、無毒化された後に尿として体外に排出されるので、体臭を引き起こすことはありません。


しかし、プロテインはタンパク質であり、タンパク質はアミノ酸の集合体であるため、プロテインを大量に摂取すると、アンモニアが処理しきれなくなり、体内に残ってしまうことがあります。


アンモニアが排出されず、体内に残ると、分解しきれなかったアンモニアが、血液に乗って全身に循環してしまいます。

そして、毛穴から出る汗や皮脂にアンモニアが含まれてしまい、体臭を引き起こすのです。


おなら

プロテインを飲むことで、おならの匂いがきつくなってしまうこともあります。

これは、腸内でおならの臭いの元となる、悪玉菌が大きく影響しています。


そもそも、おならというのは、腸の中で空気や食べ物が消化される際に発生する、ガスを原因として生じます。

ですので、おならの臭いがきついという問題を解消するためには、極力腸内に食べ物を滞留させないことが重要になります。


しかし、一度に大量の食べ物を摂取したりタンパク質を摂りすぎると、腸の活動が低下してしまい、食べ物が腸内に滞留する時間が長くなってしまいます。


すると、腸内にある便が腐敗し、便を餌としている悪玉菌が増殖してしまうので、おならの臭いがきつくなってしまうのです。


プロテインを摂取することで起こる臭いの原因3選

プロテインを摂取することで起こる臭いの原因について、より詳しく見ていきましょう。


プロテインが体臭をきつくする原因は、アンモニアの増加・腸内環境の悪化、そして乳糖不耐症の3つが主なものとして挙げられます。


原因をしっかりと理解し、対策を立て、体臭を気にすることなくプロテインを摂取できる環境を作っていきましょう。


プロテインを摂取することで起こる臭いの原因の主な3つの種類を解説します。


  • アンモニアの増加
  • 腸内環境の悪化
  • 乳糖不耐症


アンモニアの増加

体臭がきつくなる原因として最も多いのが、このアンモニアの増加です。

アミノ酸を分解する過程で生じるアンモニアは、アミノ酸の集合体であるタンパク質を摂れば摂るほど、発生しやすくなります。


1日の中でタンパク質を摂りすぎるだけでなく、1回の量が多すぎることもアンモニアの大量発生を通した、体臭の悪化に繋がります。


日常的に運動やトレーニングを行っている人の場合、1日のタンパク質の目安摂取量は、体重1kgにつき1.4-2.0gとされています。

体重60kgの方であれば、84-120g程度です。


そして、プロテインにはおおむね1食あたり20g程度のタンパク質が含まれています。

ですので、1日4-5回に分けて、プロテインを摂取することが理想的です。


しかし、それ以上の回数でプロテインを摂ったり、1回で何食分ものプロテインを摂取することは、過剰摂取となり、アンモニアの大量発生を通して、体臭を悪化させてしまいます。


腸内環境の悪化

腸内環境の良し悪しというのは、善玉菌と悪玉菌のバランスによって決まります。

善玉菌がしっかりと機能することで、腸内環境は整いますが、プロテインを摂取すると、必要以上に悪玉菌が増え、善玉菌が機能しなくなってしまうことがあります。


悪玉菌が増えると、善玉菌が機能しづらくなり、腸内環境は崩れます。

その結果、便秘や下痢になったり、おならの臭いが悪化するなどの症状が引き起こされます。


タンパク質というのは、体内で窒素に変換されますが、その窒素は、腸内で悪玉菌の餌となり、悪玉菌を増殖させる要因となるのです。


ですので、プロテインを摂取すると、悪玉菌が増殖しやすい環境を作り出してしまうことになり、腸内環境の悪化を通して、体臭の原因となるのです。


乳糖不耐症

摂取しているプロテインが、自分の身体に合っていないことも、体臭の原因として考えられます。


牛乳を飲んだ後にお腹の調子が悪くなる症状のことを、乳糖不耐症と言います。

ホエイプロテインやカゼインプロテインなどの牛乳を原料としているプロテインには、多くの場合、その乳糖が含まれています。


乳糖が腸でうまく消化されない乳糖不耐症の方の場合、牛乳原料のプロテインを飲むと、下痢になったりおならが臭うなどの症状を伴います。


ホエイプロテインの場合は、製法によっては、乳糖が除去されている製品もあります。

しかし、ドラッグストアなどで市販されている多くのプロテインは、乳糖が含まれているWPC製法で作られています。


大豆原料のソイプロテインやエンドウ豆原料のピープロテインであれば、乳頭は含まれていませんが、牛乳原料のプロテインの場合、乳糖不耐症が体臭の原因となることもあるのです。


プロテインによる体臭を対策しよう!

  • 腸内環境を整える
  • 牛乳原料のプロテインを避ける
  • 液体を先に入れ、プロテインは後で入れる


まず、プロテインによる体臭対策としては、腸内環境を整えることが非常に効果的です。

プロテインを摂取すると、悪玉菌が増えがちになるので、善玉菌を増やす効果のある食べ物を意識的に摂りましょう。


具体的には、善玉菌のエサとなる食物繊維が豊富に含まれる野菜や果物、海藻類や麦などがおすすめです。


そして、乳糖不耐症の方は、ホエイやカゼインなど牛乳原料のプロテインは避け、ソイプロテインやピープロテインなど牛乳以外を原料としているプロテインに変えましょう。


また、プロテインの飲み方も大切です。

先に液体を入れ、後からプロテインを入れることで、ダマになりにくくなります。


順番を逆にすると、ダマになりやすく、より多くの空気が腸内に入ってしまい、おならの回数を増やす原因となるので、飲み方にも注意して摂取しましょう。


【サプリで予防】プロテインによる体臭を対策するサプリ3選

プロテインを飲むことで体臭がきつくなるからと言って、プロテインを飲まないわけにはいきませんが、体臭もやはり避けたい問題ですよね。

そんな方におすすめなのが、体臭を抑える働きがあるサプリメントの摂取です。


この章では、プロテインによる体臭を対策するサプリを紹介していきます!


  • アルギニン
  • オルニチン
  • クエン酸


アルギニン

まず、おすすめするのが「アルギニン」です。

アルギニンは、体内でも合成される非必須アミノ酸の一種で、成長ホルモンの合成を促進したり、一酸化窒素の生成を促進して、細菌やウィルスに対する免疫力を高める働きがあります。


そして、体臭対策として最も重要な働きをしてくれる物質でもあります。

アルギニンは、肝臓においてアンモニアの分解を促進してくれる効果があるのです。


プロテインを摂取すると、体内のアンモニアが増えてしまうことで、体臭の原因となります。

しかし、肝臓で分解されれば、尿として体外に排出され、体内にアンモニアが残ることはないので、体臭も発生しません。


ですので、アンモニアの分解を促進するアルギニンを摂取することは、体臭対策として非常に効果的なのです。


オルニチン

オルニチンも、体臭対策としておすすめのサプリメントの一つです。

オルニチンも、非必須アミノ酸の一種で、アルギニン同様に、アンモニアの分解を促進する働きがあります。


実際に、ある研究によると、オルニチンを摂取することによって、運動後における汗や皮膚中のアンモニア量増加や、血液中のアンモニア濃度の増加が20-30%抑制された、という実験結果が出ています。


オルニチンは、肝臓におけるアンモニアの解毒能力を活性化してくれるので、結果として、体から発せられるアンモニア臭を低減してくれるのです。


また、オルニチンには、筋肉の合成促進や疲労の軽減、睡眠の質を向上させる効果もあります。

体臭の抑制だけでなく、筋肉の合成にも効果を発揮してくれるので、トレーニーに必須のアミノ酸と言えます。


クエン酸

クエン酸も、アンモニアの分解促進を通して、体臭の抑制に効果を発揮します。

クエン酸とは、柑橘類などに含まれている有機化合物のことで、酸味を持っていることから、食品添加物として使用されることもあります。


このクエン酸は、脂肪や乳酸を分解して、エネルギーに変換するクエン酸サイクルという燃焼システムを通して、エネルギーの生成に大きく関与しています。


クエン酸を摂ることによって、このサイクルの機能が促進され、体内に老廃物が残りにくくなります。

アミノ酸を分解する際に発生するアンモニアも、クエン酸サイクルの中で、エネルギーに変換されます。


すると、アンモニアが体内に残らなくなるので、アンモニア臭が抑えられるようになるのです。


まとめ

最後にこの記事のポイントを振り返ろう!

  • プロテインの摂取によって、体臭がきつくなる可能性もある。タンパク質の摂取によって、アンモニア臭がきつくなったり、腸内環境の悪化によって、おならの臭いが酷くなったりする。
  • プロテインダイエットによる激しい糖質制限は、口臭の原因となることがある。また、乳糖不耐症の方は、牛乳原料のプロテインを飲むと、下痢になったりおならが臭ったりすることがある。
  • アルギニンやオルニチン、クエン酸は、アンモニアの分解を促進し、体臭を抑えてくれる効果がある。

この記事をシェアする

人気コンテンツ

”筋トレ” に関連ある記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品