フォームローラーで腰痛を改善しよう!やり方や注意点を解説

ここでは、フォームローラーを使用した腰痛改善方法の紹介と注意点を紹介しています。


そのため、腰痛に悩まされている人は参考にしてください。


腰痛は年齢を重ねるごとに症状が現れやすくなり、悪化してしまうと私生活にも影響が出てしまうこともあります。


フォームローラーには電動タイプも販売されており、より簡単に腰の筋肉の緊張をほぐすことができます。


誰でもやり方さえマスターすれば腰痛改善の効果が期待できるため、試してみましょう。

フォームローラーを使用した腰痛改善のやり方

フォームローラーで腰痛改善の効果を得たいのであれば正しいやり方を行う必要があります。


独自の方法で使用しても効率が悪く、怪我をしてしまうリスクも高まるため、注意しましょう。


ここでは腰痛改善の効果が期待できる方法を紹介します。


腰痛改善トレーニング①


  1. フォームローラーを横向きに置き、腰に当てる
  2. お尻を上げて上下に動かす
  3. 腰の下にフォームローラーを置く
  4. 両膝を揃えて左右に振る
  5. 両膝を揃えて両腕で抱き込むようにし、胸に近づけてお尻を上げる


フォームローラーで腰痛を改善する場合はゴロゴロ転がす場合とキープするやり方で行うことをおすすめします。


まずは普通に腰の下にフォームローラーを置き、ゴロゴロ転がします。


横側もほぐす場合は片肘をつき、もう片方の腕をお腹の前に置き、体を斜めにすることでほぐすことができます。


次は、両膝を揃えて左右に振ることで骨盤近くをほぐすことが可能です。


この際にフォームローラーが転がらないように両手で固定することでうまくできやすいです。


より腰部分に圧力をかけたい場合は両膝を抱え込むようにして、お尻を上げるようにしましょう。


腰痛改善トレーニング②


  1. フォームローラーを横向きに置き、腰にあたるように仰向けになる
  2. 両膝を曲げ、お尻を上げて上下に転がす
  3. 頭とかかとを床につけてキープする
  4. ③の状態で腰を左右、上下に振る


フォームローラーで初めて腰痛改善のトレーニングを行う方におすすめのやり方です。


転がす方法とキープする方法であるため、体への負担が少ないです。


より腰に圧力をかけたいのであれば頭とかかとを床につけるようにすることで腰が反るようになり、筋肉をほぐすことができます。


しかし、この際に痛みが出るのであれば行わないようにしましょう。


体は上下だけではなく、左右にも振ることでより効率よく筋肉をほぐすことが可能になります。


比較的体への負担も少ないトレーニング方法であるため、おすすめです。


そもそもフォームローラーとは

上記までにフォームローラーでの腰痛改善の方法を紹介しまいたが、そもそもフォームローラーとは何なのか知らない人もいるのではないでしょうか。


フォームローラーとは、筒状に仕上げられている場合が多く、表面には凹凸がつけられている場合もあります。


また、電動で振動するタイプも販売されており、さまざまなメーカーが開発を行っています。


フォームローラーを使用することで筋膜リリースの効果を得ることができ、筋肉疲労を軽減したり、マッサージ効果も期待できます。


フォームローラーの使い方

フォームローラーで腰痛の症状を改善することができますが、そのほかの部分にも使うことができ、全身をほぐすことも可能です。


そのため、腰痛改善ためだけにフォームローラーを使用するのではなく、全身をほぐすことでもさまざまな症状を軽減することができ、使い方を身につけるようにしましょう。


筋肉をほぐしたい部分の下にフォームローラーを置き、体重をある程度かけながらフォームローラーを転がすことが主な使い方です。


また、転がさずフォームローラーの上で一定の圧力をかけてキープする方法もあります。


フォームローラーの上で体を動かすだけでも筋膜リリースの効果を得ることが可能です。


フォームローラーと腰痛改善

腰痛改善のためにフォームローラーを使用する場合に腰に下にフォームローラーを置く方法もありますが、太もものマッサージすることで腰痛の改善につながります。


太ももの筋肉が緊張していると骨盤が歪んでしまう原因になり、腰痛を誘発してしまいます。


そのため、腰痛を改善したいのであれば太ももの外側と内側を念入りにほぐすようにしましょう。


太ももの裏側をほぐす場合は上から圧力をかけることで効率よく筋肉をほぐすことが可能になります。


フォームローラーはこんな方におすすめ


腰痛改善のためにフォームローラーを使用する人でおすすめなの人は腰痛の症状に悩まされているすべての人です。

特に、症状が酷く常に腰に痛みがある人はフォームローラーを使用することをおすすめします。


腰痛を改善する際にはある程度の筋力をつけることやストレッチや運動をすることも大切ですが、体をうまく動かすことができない人や体力がない人でもフォームローラーであれば十分に筋肉をほぐすことが可能になります。


フォームローラーを使用した腰痛改善の注意点

フォームローラーを使用すれば腰痛の症状を改善することができますが、注意しなければならないポイントがいくつかあります。


そのため、腰痛改善のためにフォームローラーを使用するのであれば注意点も把握しておく必要があります。


フォームローラーを使用する際にある程度を体重をかけて圧力をかける必要がありますが、腰に下にフォームローラーを入れている場合に痛みが出るのであれば中断することをおすすめします。


無理に腰を反らせてしまうと症状が悪化してしまいます。


まとめ

フォームローラーを使用すれば腰痛を改善することも可能であり、腰痛の症状に悩まされている人はフォームローラーを購入することをおすすめします。


しかし、正しい方法で行わないと本来の効果を得ることができないため、正しいやり方と注意点についても把握しておくことをおすすめします。


フォームローラーで腰痛を改善する場合は一過性の効果ではなく、継続的に筋肉をほぐすことで根本的原因を解消することができ、腰痛を完全に治すことも可能になります。


最後に記事の内容をおさらい!


  • フォームローラーについて


  • 腰痛改善の効果がある使い方


  • フォームローラーを使用する際の注意点


この記事をシェアする

人気コンテンツ

エクササイズの記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品