フォームローラーで首コリ改善?やり方と注意点を解説!

ここでは、フォームローラーについてや首コリを解消する方法を紹介しています。


首コリは歳を重ねるたびに起きやすい症状であり、痛みを感じてしまうこともあります。


そのため、人によっては首コリの症状のせいで私生活にも影響が出てしまうことも少なくありません。


しかし、フォームローラーを使用することで首コリの症状を緩和することができ、肩や首を軽くすることも可能です。


首コリの症状に悩まされているのであればフォームローラーの購入を検討してみてください。

フォームローラーとは

フォームローラーとは、体のコリをほぐす効果や筋膜リリースの効果も期待できるアイテムであり、電動タイプの物も販売されています。


基本的な使い方はフォームローラーに体を押さえつけながら転がすことであるため、使い方さえマスターすれば全身をほぐすことが可能になります。


筒状のデザインに仕上げられている場合が多く、表面にはさまざまな凹凸が作られ、ツボを指圧されているような感触を味わえます。


体のコリをほぐしたい人や筋肉疲労を軽減したい人におすすめのアイテムです。


フォームローラーの使い方

フォームローラーを使用してさまざまな効果を得る場合は正しい使い方を身につけなければなりません。


上記でも一部紹介したようにフォームローラーの使い方は体に下にフォームローラーを置き、軽く体重をかけながらフォームローラーを転がすだけです。


使用する場所によって得られる効果も変わってくるため、どこにフォームローラーを使用すれば求めている効果が得られるのかを知ることも大切です。


全体重をかけてしまうと痛めてしまう原因にもなるため、徐々に体重をかけるようにしましょう。


フォームローラーで首コリ改善?

フォームローラーを使用することで首コリの症状を改善することができます。


首コリのメカニズムは首周辺の血流が滞っていたり、長い期間首や肩の筋肉が緊張することでも首コリの症状が現れてしまいます。


筋肉の緊張は血流を促進させることで改善することができ、首コリの症状を抑えることも可能になります。


フォームローラーを使用すれば血流を促進させることができ、体を温めることもできます。


また、直接筋肉をマッサージすることもでき、筋肉の緊張をほぐすことも可能です。


フォームローラーはこんな方におすすめ

首コリをフォームローラーで改善する場合は、今までさまざまな方法で首コリ解消の方法を行ったにも関わらず、効果が出なかった人におすすめです。


また、体への負担を軽減したい人やながら作業として首コリの症状を緩和したい人にもおすすめです。


フォームローラーを使用する一回の時間は短くてもよく、テレビなどを見ながらでも行うことができます。


また、女性の悩みの種になりやすい、むくみや冷え性の症状にも効果があり、冷え性などに悩まされている人にもおすすめです。


フォームローラーを使用した首改善のやり方

フォームローラーで首のコリを解消する方法はいくつか用意されています。


首を痛めてしまう可能性もあるため、フォームローラーで首コリの改善をする際には正しいやり方で行う必要があります。


ここではフォームローラーでの首コリの改善方法を3つ紹介します。


首解消①


  1. フォームローラーの上に首の後ろを乗せる
  2. 頭を左右の動かす
  3. ゴリゴリした部分があれば上を向くように筋肉を縮める
  4. 横向きに寝るようにして横首の下にフォームローラーを置く
  5. ②と同じように頭を左右振る

最も簡単な首コリ改善方法であり、フォームローラーの使い方に慣れていない人でも行うことが可能です。


フォームローラーの上に首の後ろを乗せ、頭を左右に振るだけで首のコリを解消することができます。


ゴリゴリする部分があれば目線を上に向けるようにして筋肉を一度縮めることで緩みやすくなり、コリ解消の効果が高まります。


首振りでの首コリ解消方法のコツは少し体重をかけながら行うことです。


体重を首の下にかかるようにすることでより強い力でコリをほぐすことが可能になります。


いきなり力を入れると痛めてしまうリスクがあるため、徐々に体重を乗せるようにしましょう。


首解消②


  1. フォームローラーの上に横首を乗せる
  2. 頭を左右に振る
  3. 硬い部分はキープして圧力をかけ続ける


横首をほぐすことでより首コリの解消の効果を高めることができます。


やり方は上記で紹介した方法と似ている部分が多くあります。


まず、フォームローラーの上に横首を乗せる要領で寝転びます。


横向きに寝転ぶ感じで行うようにしましょう。


次に、頭を左右に振ることで横の首のコリをほぐすることができます。


もし、硬い部分があると感じれば硬い部分に圧力がかかる位置で首の位置をキープしましょう。


肩こりの症状でも悩まされている場合は肩にもフォームローラーが触れるように首と肩の間にフォームローラーを入れることで首コリと同時に肩こりの症状も緩和することが期待できます。


首コリ解消③


  1. フォームローラーを立て向きに置く
  2. 肩甲骨の内側にフォームローラーが来るように横になる
  3. 腕の上下に動かす
  4. 腕を左右に動かす


肩甲骨の凝りは肩コリや首コリの原因になるため、肩甲骨をほぐすことができればさまざまな症状を改善することが期待できます。


肩甲骨をほぐす場合はフォームローラーを立て向きに置き、その上に横になります。


次に、体重がかかるようにお尻を上げ、腕を上下に動かすことで肩甲骨をほぐすことができます。


また、腕を左右に動かしたり、お尻をより高く上げることで肩甲骨上部のコリを解消することが可能になります。


腕を動かす回数は10回程度でもよいですが、コリが解消するまで行っても問題ありません。


首コリと肩コリの症状に悩まされている人におすすめの方法です。


フォームローラーを使用した首コリ解消の注意点

フォームローラーを使用すれば効率よく首のコリをほぐすことができますが、注意しなければならないこともあります。


首は重要な部分であるため、強い衝撃を加えてしまうと痛めてしまうリスクが高く、怪我をしてしまったり、より症状が悪化してしまうこともあります。


フォームローラーで首のコリを解消するのであればいきなり強い力をかけるのではなく、徐々に力を入れるようにしましょう。


また、正しいフォームローラーの使い方で首のコリを解消することも大切です。


まとめ

首のコリの原因は首周辺の筋肉が硬くなっていたり、緊張しているからであるため、フォームローラーでほぐせば首コリの症状を軽減することができます。


首のコリは症状が悪化してしまうと頭痛などを誘発してしまうこともあり、私生活にも影響が出てきます。


フォームローラーでの首コリ解消方法は簡単なやり方ばかりであるため、正しいやり方さえ身につければ誰でも気軽に行うことができます。


フォームローラーを使用しつづけることで首コリを完全に解消することも期待できます。


最後に記事の内容をおさらい!


  • フォームローラーで得られる効果


  • フォームローラーでの首コリ解消方法


  • フォームローラーで首コリ解消を行う際に注意点


この記事をシェアする

人気コンテンツ

エクササイズの記事

その他の記事

記事をもっと見る

TENTIALの商品