過酷な訓練に耐え、常に最高な状態で出動できるように

時には数10kgもの装備を身につけ、時には100km近いマラソンを完走するハードな日々において最も重要なことは、日々のトレーニングと体のケアをできるか。
2020.03.12



時には連日、ニュースで取り上げられるような現場に飛び込み、人々を救うための活動をしている隊員たち。

助けが必要な時、いち早く駆けつけ私たちを助けてくれる彼らは、常日頃から過酷なトレーニングを積み、有事の際に備えている。


今回は、若くして数々の緊急事態を経験し、これからの顔としても期待される隊員に人々を救うために普段行っていることについて話を伺った。



人の命を守るために死ぬ程ハードすぎる訓練を

ーお仕事についてお聞かせください。


 現在は横浜の基地にある部隊に所属し、有事の際の救出活動や救援物資の運搬などを行っています。テレビで連日報道されている緊急事態や日本に限らず世界中で起こる災害に駆けつけることもあります。災害時以外の時間は訓練をしている時間が多いです。


 映画で注目されたこともあって、みなさんのイメージとして浮かんでくる活動ではないでしょうか。100kmマラソンをしたり、重い装備を背負って筋トレをしたりと過酷なトレーニングもありますが、実際の現場に出ると、数10kgを超える装備を着たまま、重たい荷物や負傷した人を運ばないといけないので、欠かせない訓練です。

普段からそのように訓練を積んでいるにも関わらず、仕事終わりに仲間とジムでトレーニングしたりと映画さながらに鍛えるのが好きな人が集まっているのかもしれません(笑)


 一方で、意外とみなさんと同じように事務作業を行っている時間帯も多くあります。



ー国家公務員を目指したきっかけを教えてください。

 

 「困っている人を救いたい」という本当にシンプルな志を子どもの頃から常に抱えていました。そのため、目指す進路は消防士や警察などははっきりとしていました。

そうした中で今の仕事を選んだ理由は、当時映画が流行ったこともありましたが、人々を助けるために災害時の最前線に最も近い仕事なんじゃないかと思ったことが一番の理由でした。

 私が通っていた高校は大学への進学率が比較的高い高校だったので、周りは皆受験勉強。

そんな環境下で1人、公務員試験を受けるために勉強をするというのは大変でしたし、部活で特段鍛えてきた訳でもなかったので、入隊後も過酷なトレーニングが辛く、悔し涙を流すこともありました。

 しかし、自分のビジョンだけはぶれることがなかった。それが今の自分が在る理由だと思っています。



ー仕事のやりがいについて教えてください。

 

 「ありがとう」という言葉を頂く、これに尽きると思います。災害時は誰もが不安に襲われていますが、そうした状況下で少しでも人々を安心させてあげられることが大切だと思っています。



プライベートも体を休めることなくフル回転

ープライベートについて教えてください。

 

 休みの日も体がなまらないように体を動かすようにしていますが、普段海を見る時間が多い反動で、登山にはまっています。

以前は四国勤務だったこともあり、西日本の山を登る機会の方が多いですが、立山、劔岳など、険しい山々の登頂もしてきました。


体が丈夫な分、ハードなチャレンジにも臆することなく望むことができているのは今の仕事がプライベートにも活きてるメリットだと思います(笑)


ー体のケアについて


 普段から鍛えているとはいえ、1日の終わりにはクタクタ、

立っている時間、体を動かしている時間も多いため、足はパンパンです。

自分は特段、マッサージを受けたりする方ではないんですが、

仕事の疲労を溜め込まないために、体のケアグッズには比較的投資をしている方だと思います。もちろん、インソールも色々と試してきました。



体が資本なので物にはすごいこだわってます。


想像もつかないほど過酷なトレーニングを積み、ハードな日々を過ごす三村さんにTENTIAL INSOLEを使った感想を聞いてみました。


ーどういう時にTENTIAL INSOLEをお使いですか


普段は仕事用の靴に入れて使っています。仕事中は革のブーツを履いているんですが、普段ビジネスシューズを履く皆さんはご存知の通り、形は違えど革靴はやはり疲れます。仕事での疲れが一番ストレスになるので、インソールで少しでも緩和できればと期待しています。



ーTENTIAL INSOLEを使ってみた感想について


 インソールを選ぶ際に重視するのはクッション性です。最初触れた時は今までで使ってきたインソールに比べて、少し素材が固い印象を受けたんですが、実際に使ってみるとTENTIAL INSOLEは与えた衝撃や自分の体重に対して、しっかりと反発してくれる感じが非常に気に入ってます。

 

 そして、それ以上に良いと思っているのが、足指を使える感覚が分かりやすく実感できていること!普段、重い荷物を運搬したりするのですが、以前に比べて、かなり足腰で踏ん張る力が増したように感じています。長時間立って仕事をしている人にはもちろんですが、私と同じように仕事中に体に負担がかかるお仕事をされている方、特に重いものを運ぶ機会が多い人には試して欲しいですね。

 僕の場合は普段履く靴が多いので一足に一つずつ入れたいなと思ってます。何度も入れ替えるの大変なんで。なのでまた買います(笑)



ー今後挑戦していきたいことについて


 これからも「困っている人を助けたい」というビジョンが変わることはないと思っています。そのためにできることならなんだって挑戦していきたいと思っています。

 加えて、仕事から離れると、自分がお世話になった人や街、そして、間も無く新たに加わる小さな家族を守ることにもしっかりと力を注いでいきたいと考えています。

記事をもっと見る

日常に、底力を。

1日平均6342歩、
すべての衝撃を受け止めるのは、
たった2本の足。

そのコンディショニングを整えることこそが
体全体の調子をあげる鍵となる。